動脈硬化以外が原因の狭心症 「冠れん縮性狭心症」と「微小血管狭心症」とは?

更新日

狭心症胸が痛い動悸(どうき)がする息切れがする・息苦しい胸・心臓循環器・血管

狭心症とは

冠動脈

心臓の筋肉に酸素や栄養を運ぶ冠動脈が狭くなり、胸の痛みが起こる狭心症。血流が完全に途絶えて心筋梗塞になると突然死に至ることもあります。その原因として、よく知られているのは動脈硬化ですが、実は動脈硬化が進んでいなくても起こる狭心症もあります。
このタイプは、以前は、それほど重症化しないものと考えられていましたが、最近になって、心筋梗塞につながって突然死などを起こすこともあることがわかってきました。
動脈硬化のある狭心症は、血管が狭くなっている部分を見つけることで診断可能ですが、このタイプの狭心症は、症状がないときは、血管も一見、正常なため、検査しても見過ごされるケースもあるので注意が必要です。

狭心症の代表的な症状

狭心症の代表的な症状

狭心症の主な症状は、胸の痛み、胸の圧迫感など。さらに関連痛と言って、心臓から離れた奥歯・のど・肩・腕などが痛くなることがあります。
また、息切れ、動悸、疲労感なども起こります。
動脈硬化による狭心症の場合は、このような症状が、歩いたり、階段を上り下りをしたときなど、運動時に現れやすく、多くの場合、5分ほど休めば回復します。

動脈硬化のない狭心症①「冠れん縮性狭心症」

冠れん縮性狭心症は大量に飲酒をした翌朝に起こることもある

狭心症のうち、何らかの原因により冠動脈で異常な収縮(れん縮)が生じることで起こるタイプを冠(かん)れん縮性狭心症と呼びます。
冠れん縮性狭心症では、冠動脈が狭くなるのは一時的なため、発作のないときに検査をしても異常は見つかりません。
40~50歳代の働き盛りの男性に多くみられます。また、動脈硬化を原因とする狭心症とは異なり、夜間から早朝の安静時に胸の痛みなどの症状が現れるのが特徴です。
ストレス、喫煙が引き金になり、大量に飲酒をした翌朝に起こることもよくあります。

動脈硬化のない狭心症②「微小血管狭心症」

動脈硬化のない狭心症「微小血管狭心症」

動脈硬化を原因としない狭心症のうち、冠動脈から枝分かれした非常に細い血管が狭くなるタイプを微小血管狭心症と呼びます。更年期以降の女性に多いとされ、女性ホルモンの分泌低下が関係していると考えられています。症状は、運動時にも起こりますが、ストレスなどがきっかけとなって、安静時にも起こります。吐き気や胃の痛みなどの消化器の症状が起こることもあり、逆流性食道炎だと思って消化器内科を受診してしまうケースもあります。

狭心症の検査

動脈硬化による狭心症の場合は、血液検査でコレステロールの値などを調べるとリスクがわかります。また、冠動脈CT、心エコーなどによって異常が確認できれば、動脈硬化型の狭心症と診断することができます。

冠れん縮性狭心症を特定する場合は、まず問診で、該当する症状があるかを確認します。血液検査や心エコーで動脈硬化による影響が認められなければ、24時間心電図をとれるホルター心電計などを使って、胸の痛みが起きるときに同時に心筋の血液が不足しているサインとなる心電図変化が起きていないかを調べます。あるいは、冠動脈造影をしながら、薬によって冠れん縮を誘発する誘発試験を行います。誘発試験で冠れん縮が起きれば、冠れん縮性狭心症と診断されます。

微小血管狭心症の場合は、動脈硬化の所見がなく、冠れん縮性狭心症でないことがわかったら、特殊なPETMRIによって心臓の筋肉の血流量を測ったり、冠動脈造影によって血流増加能にどれくらい余裕があるか、血流不足が起こっていないか調べて診断します。

冠れん縮性狭心症、微小血管狭心症、動脈硬化による狭心症は、合併して起こる場合もあります。まずは、さまざまな検査によって症状が起きている原因を正確に調べ、原因に合った対策を行うことが大切です。

動脈硬化のない狭心症 対策は?

「冠れん縮性狭心症」や「微小血管狭心症」は、手術などによって根本的に治療することはできません。しかし、生活習慣の改善と薬によって、症状を抑えることは可能になってきました。
喫煙は血管の収縮を招き狭心症の発作の引き金となるため、たばこを吸う人は禁煙が必須です。さらに、体重を管理し、週に5日以上は少し汗をかく程度のスピードで30分以上歩く、などの運動の習慣をつけると効果的です。脂質異常や高血圧などのリスク因子も管理します。

必要に応じて、カルシウム拮抗薬などの薬によって狭心症の発作を予防します。発作が起きた場合は、硝酸薬(ニトログリセリンなど)で冠動脈を広げて症状を鎮めます。

原因がわからない胸の痛みが安静時にも起こる場合は、このような狭心症も疑って、循環器内科などを受診してください。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2023年12月 号に掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321 まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    突然死を防ぐ!狭心症と心筋梗塞の最新治療「動脈硬化がなくても狭心症?」