動脈硬化を予防する食事

更新日

肉の脂肪に含まれる飽和脂肪酸に注意

肉の脂肪に含まれる飽和脂肪酸に注意

動脈硬化を引き起こす原因の1つにあげられるのが、食生活です。血液中のLDLコレステロールが多いと、動脈硬化が進行しやすくなるので、脂質の摂取に気をつけてLDLコレステロールを増やさないようにしましょう。
肉などの脂肪には、LDLコレステロールや中性脂肪を増やす飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸は、総摂取エネルギーの7%以下にする必要があるため、1日2000キロカロリー摂取する人の場合で、1日140キロカロリー以下に抑えます。牛バラ肉なら、1日100グラムが上限です。

積極的にとりたい魚の不飽和脂肪酸

積極的にとりたい魚の不飽和脂肪酸

魚には、不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。不飽和脂肪酸には、血液中のLDLコレステロールを上げず、中性脂肪を下げる作用があります。また、血圧を下げる効果もあります。
魚のなかでも、いわし、さば、さんまといった青魚には不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。EPAには、血液を固まりにくくして心血管病を防ぐ作用があります。
実際に、血液中のEPAの割合が高い人ほど、心筋梗塞や脳梗塞を発症しにくいという、日本人を対象とした研究調査があります。

「Q&A 血管の老化を防ぐ!」はこちら