がんの中で最も発見や治療が難しいすい臓がんとは

更新日

すい臓がんとは

すい臓がんとは

近年増加傾向にあり、死亡者数が年間3万人を超えているすい臓がんは、がんのなかで最も発見や治療が難しいとされています。
すい臓は、胃の裏側の体の奥にあるため、超音波が届きにくく、内視鏡の挿入もできません。また、自覚症状として、腹痛や背中の痛み、黄疸、体重減少、食欲低下などがありますが、早期には自覚症状が現れないため、早期に発見されることが非常に少ないのです。そのため、すい臓がんの多くは診断されたときにかなり進行しています。
すい臓がんを早期発見するには、「危険因子を知る」「1cm以下で見つける」「間接所見(がんが疑われる病変)を見逃さない」「検査を適切に組み合わせる」という4つのポイントを抑えることが大切です。

すい臓がんの危険因子

すい臓がんの危険因子

血縁者にすい臓がんの人がいれば自分もすい臓がんになりやすいことがわかっています。特に血縁者2人以上がすい臓がんである場合を家族性といい、発症リスクは約7倍です。糖尿病が急に悪化したり発症したりした場合には、すい臓がんの可能性を考えます。慢性すい炎の人はすい臓がんを発症するリスクが約12倍です。肥満、喫煙、大量飲酒も危険因子です。

早期発見するには1cm以下で見つける

すい臓がんの長期生存には、がんをごく小さい段階で発見することが必要です。特に1cm以下で発見できれば5年生存率は80%と高くなります。1cm-2cmでは50%です。ただ、一般的な画像検査で見つけるのは非常に困難なので、適切な検査を組み合わせて行うことが大切です。

間接初見を見逃さない

間接初見を見逃さない

すい臓がんができると、ごく小さい段階から「主すい管の拡張」または「すいのう胞」という病変が現れることがあります。これらを「間接所見」といいます。主すい管の拡張とは、すい液が分泌されるすい管の幹に当る部分が拡張することです。すいのう胞とは、すい液などのたまった袋がすい臓の中にできるものです。

すい臓がんの検査

すい臓がんの検査

間接所見を見つけるには腹部超音波検査が有効です。腹部超音波検査は、おなかの上から超音波を当てる簡単な検査で多くの医療機関で受けられます。この検査で小さいがんを見つけるのは困難ですが、主すい管の拡張やすいのう胞などの間接所見なら比較的見つけやすいのです。

すい臓がんの検査
すい臓がんの検査

間接所見などですい臓がんが疑われたら、精密な検査を受けます。その1つが超音波内視鏡検査です。内視鏡を胃まで挿入し、超音波を発生させてすい臓を詳しく観察する検査です。1cm以下のがんを発見できることがあります。さらに組織を採取するなどして、がんを早期診断します。