冷やす?温める? ケガの最新ケア

更新日

セルフケア・対処 足・脚が痛い 手・腕が痛い 足・脚 手・腕

打撲や捻挫(ねんざ)、肉離れなどのケガをした時の対処法が、いま大きく変わりつつあります。これまでは、「アイシング」で患部を「冷やす」ことが推奨されてきましたが、スポーツの現場を中心に、ストレッチや「温める」処置を取り入れるケースが広がっているのです。今回は、スポーツ医学の専門家・国際武道大学教授の笠原政志さんに、最新のケアを教えてもらいます。

国際武道大学教授の笠原政志さん

トップアスリートが実践! ケガや疲労のケア

けがをして痛がっている女性

最初に取材班が訪ねたのは、東京パラリンピック日本代表チームでも活躍した車いすバスケットボールの北間優衣選手です。衝突や転倒が少なくない試合や練習でのケガについて「アイシングを使うことはほとんどない」といいます。所属チームのトレーナーで鍼灸師の阿部峰歩さんも「ケガを早く治すためには、アイシングを使わない」とのこと。患部を動かして血流を促進することが大切だといいます。

車いすバスケットボールの北間優衣選手
鍼灸師の阿部峰歩さん

一方、「アイシング」とは反対に「温める」ケアを取り入れているのは、女子フィギュアスケートのホープ、河辺愛菜選手です。トリプルアクセルなど、難度の高いジャンプで痛めたヒザの治療に使っているのはお灸です。鍼灸師の清藤直人さんは「温めることで血流を促進し、痛みを和らげることが期待できる」といいます。

女子フィギュアスケートの河辺愛菜選手
河辺選手はヒザの治療にお灸を使っている

さらに、疲労回復のためのアイシングを行わないケースも増えてきているといいます。プロ野球・巨人のトレーナーを務める岩垣光洋さんによると、「アイシングをすると「(筋肉が)固まってしまう」「動きづらい」という選手がいるので、その場合にはストレッチを行う」といいます。

プロ野球・巨人のトレーナーを務める岩垣光洋さん
疲労回復のためのアイシングを行わないケースも増えている

明らかになってきた「アイシングのリスク」

「東洋医学」では捻挫や打撲などのケガについて「血が滞っている状態」と考えています。そのため、お灸で温めて血行を良くしたり、血液の流れを促す漢方薬などが用いられています。こうしたなか、アイシングの影響について、動物を用いた研究から驚きの事実が分かってきました。神戸大学大学院・准教授の荒川高光さんの研究では、アイシングを行うと筋肉の再生が遅れることが確認されたのです。アイシングによる血流の低下によって、筋肉の再生に必要なマクロファージという細胞の働きに影響が出ていると考えられます。アイシングには痛みを緩和する効果がありますが、損傷した組織の回復にはマイナス面があるようなのです。

アイシングあり・なしの筋肉の断面
神戸大学大学院・准教授の荒川高光さん

スポーツ先進国・アメリカでは?

一方、取材を進めると、スポーツ先進国・アメリカでもアイシングについて、さまざまな議論が起こっていることが分かりました。実は、アメリカは、アイシングを取り入れた応急処置の方法「RICE処置」の発祥の地。1970年代末に提唱され、その後、日本でも広く普及しています。RICEとは、Rest(安静)・Icing(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の4つの方法を指します。ところが、近年、このRICE処置の効果を否定するような研究や事例が数多く報告されているのです。

こうしたなか、アメリカ大リーグでも、ケガの処置について変化が起こっています。取材に応じてくれたのは、ニューヨークヤンキースのチームドクターを務める整形外科医のローゼンワッサーさん。現役時代の松井秀喜さんの治療にも当たった名医です。現在、選手のケアにはアイシングに加えて温める方法を取り入れているといいます。「ケガの直後は冷やし、その後、温める」というケアが推奨されているのです。

松井秀喜さんと整形外科医のローゼンワッサーさん

ケガをしたときの最新ケア

では、実際にケガや疲労にどう対応すれば良いのでしょうか?スポーツ医学が専門の国際武道大学教授・笠原政志さんは、「アクセル=温める」と「ブレーキ=冷やす」のバランスが大切だといいます。温めることは血行を良くし、患部の治癒を進めます。一方、「冷やす」ことは、痛みを緩和し、出血や炎症を抑えますが、血行が低下するため、患部の治癒は進みません。ケガの状態やタイミングに応じて、アクセルとブレーキを使い分けることが大切なのです。そこで、「急性のケガ」、「慢性のケガ」、そして「疲労」について、ケアの方法を教えてもらいました。

急性・慢性のケガや疲労のケアの方法

急性のケガ(打撲・捻挫・肉離れ など)

患部の痛みや熱をおさめるため、ケガの直後は冷やす。そして、痛みが和らいだら温めたり動かしたりして血流をよくする。

※アイシングはあくまで「応急処置」なので、大きなケガや痛みや内出血が止まらない場合は、病院での診察・治療を受けてください。

慢性のケガ(肩こり・腰痛 など)

痛みが起こっている場所の血流を良くするため、基本的に温め、血流を良くします。ストレッチやエクササイズなどを併用すると、より効果が期待できます。

疲労(重だるさ・むくみ など)

血流を促進させて、筋肉に蓄積した老廃物などを解消させます。最も効果的なのが、温浴と冷浴を交互に行う「交代浴」です。それぞれ2分行い、4回繰り返すのが目安です。

※心臓などに持病がある方は控えてください。

この記事は以下の番組から作成しています。

東洋医学

東洋医学ホントのチカラ「健康の大問題 解決SP」

2022年1月10日(月)午後7:30~[総合] 

■NHKオンデマンドで配信しています。
»配信ページはこちら