卵巣がんとは?発症しやすい原因(40代以降、家族・親せきに卵巣がんや乳がん歴ありなど)や治療法

更新日

子宮がん・卵巣がん 子宮・卵巣・卵管の病気 女性の病気・トラブル 卵巣がん 子宮内膜症 下腹部痛がある 排尿がおかしい 子宮・卵巣

卵巣がんとは

卵巣がんとは

子宮の左右に1つずつある臓器「卵巣」に発生するがんを卵巣がん(癌)といいます。卵巣がんが発生メカニズムははっきりと解明されていませんが、「卵巣に発生するもの」や「卵管采(さい)から発生し卵巣に及ぶもの」、そして「卵巣チョコレートのう胞から発生するもの」があると考えられています。

卵巣がん 年齢別罹患数

卵巣がんは40歳代から急激に増えます。残念ながら、現在のところ、有効な検診や早期発見の方法は確立されておらず、早期発見の難しいがんといえます。

卵巣がんの症状

  • 初期
    症状ほとんどなし
  • 進行した場合に現れる自覚症状
    下腹部の張り、圧迫感、痛み、しこりなどが現れます。下腹部の張りを太ったと考え、見逃しがちになります。「食後でなくても、おなかが出ている」「圧迫感があってトイレに行きたくなるが、尿は出ない」「風船のようにおなかが膨らんできた」などの場合には注意が必要です。

重要!気になる症状がある場合は、卵巣がん以外の病気の可能性もあるので、婦人科を受診しましょう。

卵巣がんのリスク

卵巣がんを発症しやすい要因としては、主に次の4つが挙げられます。自分のリスクと自覚症状に注意が必要です。

卵巣がんのリスク

妊娠・出産歴がない

排卵回数が多い人は卵巣がんのリスクがある

排卵時には卵巣から卵子が飛び出し、卵巣が傷つきます。そのたびに卵巣は損傷と修復を繰り返していますが、その過程で、がんが発生することがあります。妊娠・出産歴がない人は生涯の排卵回数が多くなるため、卵巣がんの発生リスクが高くなると考えられています。

40歳代以上

排卵の回数が増えるほど、リスクが高くなります。

卵巣チョコレートのう胞がある

卵巣に子宮内膜が増殖する「卵巣チョコレートのう胞」がある人は、卵巣がんの発生する可能性が約1%あるとされています。定期通院の際には、経腟(ちつ)超音波検査で、卵巣の状態もチェックしてもらいましょう。のう胞が大きい場合は、がん化を防ぐために、卵巣を摘出する手術の検討が勧められます。

家族・親戚(せき)に卵巣がん・乳がん歴がある

BRCA遺伝子 変異あり

卵巣がんの約1割には遺伝的要因が関与しているとされ、血縁者に卵巣がんや乳がんを発症したことのある人がいる場合は、リスクが高いといわれています。原因として「BRCA1」「BRCA2」という遺伝子の変異が指摘されており、両親のどちらかに変異がある場合、子供に50%の確率で変異が受け継がれます。

遺伝的に乳がんになりやすい人チェックリスト

ただ、変異があっても、必ず卵巣がんを発症するわけではありません。
卵巣・卵管を予防的に切除することで、卵巣がんのリスクは下がりますが、慎重な判断が必要です。遺伝子検査を受ける前から専門的な施設でよく相談しましょう。

遺伝性のがん 相談窓口

遺伝性のがんに心当たりがある場合は、全国のがん診療連携拠点病院や大学病院で「遺伝カウンセリング外来」「家族性腫瘍外来」の設置が進んでいます。気になることがあれば、それらの外来で相談しましょう。必要だと判断された場合には、血液検査による遺伝子検査が行われます。

卵巣がんの治療

卵巣がんの治療

治療の柱は、手術と抗がん剤治療です。

手術 がんの広がり方で手術方法が決まる

卵巣がんの治療 ごく早期

ごく早期で、がんの組織型によっては、がんがある側の卵巣と卵管を切除し、片側の卵巣を残すことができるケースもありますが、再発リスクはあります。



卵巣がんの治療 やや進行した場合

両側の卵巣と卵管、子宮、大網(胃と大腸の間にある膜)の一部を切除。

卵巣がんの治療 進行した場合

両側の卵巣と卵管、子宮、大網、腸の一部、リンパ節など、切除できる部分をできるだけ切除してがんを取り除きます。



抗がん剤治療

ほとんどの場合、手術後には抗がん剤治療が行われます。手術で取り切れなかったがん細胞を、抗がん剤で消失されるのが目的です。かなり進行した卵巣がんでも、組織型によっては抗がん剤がよく効きます。そのため、先に抗がん剤でがんを小さくしてから、手術を行うこともあります。
抗がん剤治療は、複数の抗がん剤を組み合わせるのが基本で、「カルボプラチン」に、「パクリタキセル」または「ドセタキセル」を併用します。

分子標的薬と免疫チェックポイント阻害薬

分子標的薬のベバシズマブやオラパリブ
免疫チェックポイント阻害薬

最近では、新しい薬も登場しています。「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」です。

  • 分子標的薬
    がん細胞の中の特定の分子に狙いを定めて攻撃したり、増殖を抑えたりするもので、「ベバシズマブ」や「オラパリブ」などがあります。副作用として、血圧が上昇したり、血栓ができたりすることがあります。ごこまれですが、腸に小さな孔(あな)があくことがあります。
  • 免疫チェックポイント阻害薬
    免疫細胞に働きかけてがん細胞を攻撃させる薬です。「ペムブロリズマブ」という薬で、ごく一部の卵巣がんに使用できる場合があります。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2020年9月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    女性が気になるがん「卵巣がん」