夏の肌の悩み!しみの種類、原因、治療法の選び方、自分でできる予防策を解説

更新日

老人性色素斑 肝斑 しみがある 手・腕

しみの種類と原因

しみの種類「老人性色素斑」と「肝斑」

しみにはいくつかの種類がありますが、今回は「老人性色素斑」「肝斑」について解説します。
「老人性色素斑」は、30歳〜40歳以降に発症しやすく、5mm〜1cm程の大きさで、丸い形、濃い褐色をしているのが特徴です。単発の場合や数か所できることもあり、顔や腕などの日光を浴びやすい部分にできます。
もう1つの「肝斑」は、左右対称に薄茶色のしみとして両ほほ、鼻、額などに現れます。他の色素斑とは違い、根治させるのが難しいしみになります。

しみにはさまざまな種類がありますが、主な原因は紫外線です。

しみの原因、紫外線の種類

紫外線は太陽から届く光の中に含まれており、3種類あります。

  • UVC
    大気の層で吸収されて、地表にはほとんど届きません。
  • UVB
    大部分は大気の層で吸収されますが、およそ1割は地表に届きます。肌に強いダメージを与える1つです。
  • UVA
    太陽から届く紫外線のおよそ9割を占め、皮膚の奥深くまで到達してダメージを与えます。

紫外線は、5月から9月ごろまでは非常に多く地表に届いているので、注意が必要です。
※地域により、紫外線量は異なります。

しみができる仕組み

しみができる仕組み

「老人性色素斑」の場合、紫外線を大量に浴び、肌の細胞の遺伝子が傷つくことによってしみができます。
遺伝子に傷がつくと、ケラチノサイトという肌の細胞が異常を起こし、黒っぽい色素であるメラニンを作れ!と指令を出すようになります。指令を受けて、さらに皮膚の深いところにあるメラノサイトという細胞が、メラニンを大量に作ります。メラニン自体には、肌の細胞を守る役割があるのですが、たまり続けた結果、しみとして出現するのです。

「肝斑」は、紫外線による皮膚の変化に加えて、女性ホルモンにより悪化します。女性に多く見られますが、男性の発症例もあります。

しみの治療法

しみの治療にあたり、医療機関では、しみの種類や皮膚がんではないのかといった鑑別を行います。ダーモスコピーという特殊な拡大鏡を用いて判別します。
少し心配だなと思った方は、皮膚科を受診するとよいでしょう。

しみの種類がわかったら、治療を開始します。
主な治療法は4つあります。レーザー治療、光治療(フォトフェイシャル)、ケミカルピーリング、美白剤です。

しみの治療法4つ

老人性色素斑に用いる治療法は、この4つから患者さんの肌の状態によって選択します。
レーザー治療では、1回の治療でしみが取れますが、かさぶたが1週間ほどできる期間がありますので、医療機関で相談の上、治療を受けてください。

肝斑の治療では、老人性色素斑に用いるレーザー治療は行えません。刺激が強すぎ、肝斑が悪化してしまう可能性が高いためです。

美白剤の種類

肝斑は主に美白剤で治療を行います。美白剤には、塗り薬のトレチノイン、ハイドロキノン、ビタミンCや、のみ薬のトラネキサム酸があります。

肌のケアのポイント

しみの悪化因子は紫外線ですので、しみを防ぐための肌のケアは、日焼け止めをしっかり塗るのがポイントです。
日焼け止めの表示についても知っておきましょう。

しみ予防 日焼け止めの表示の説明

「SPF」はUVBの紫外線を防ぐ効果指数のことで、何も塗らないときに比べてどれだけ防止できるかを示しています。1~50までの数字で表され、数字が大きくなるほど、効果が高くなります。もう1つの「PA」は、UVAの紫外線を防ぐ効果の目安です。4段階の+(プラスマーク)で表記され、プラスマークが多いほど効果が高いことを示しています。

屋外で、直射日光を長時間浴びる場合は、SPF50 PA++++が推奨されますが、日焼け止めにより肌が荒れた、炎症が起きたなどの場合は、ご自身の肌に合う日焼け止めに切り替えていくとよいでしょう。
また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めが多いのですが、汗などで剝げ落ちることがありますので、汗をかいた場合は、そのつど塗り直しが必要となります。

スキンケアでは、顔をゴシゴシこすらずに洗うことが大切です。また、洗い過ぎて皮脂を取り過ぎてしまうと、炎症などのトラブルにもつながりますので注意が必要です。
保湿も大変重要ですので、洗顔後や、寝る前などには化粧水をつけるようにしましょう。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2020年7月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    教えて!肌と頭髪 この悩み「種類で選択!しみ治療」