夏に流行しやすい子どもの「手足口病」 発疹・水ぶくれなどの症状と原因、対処法

更新日

子どもの病気・トラブル 手足口病 発疹が出た 口・あごが痛い 熱がある 手・腕 足・脚 口・あご

手足口病とは

手足口病は、ウイルス感染が原因で、夏に流行しやすい感染症です。2019年の日本での患者数は、約40万人に上りました(厚生労働省・国立感染症研究所 2019年)。大人も発症しますが、子どもに多い感染症です。手足口病の多くは自然に回復しますが、子どもの場合は、時に重症になることがあるので注意が必要です。

手足口病の感染経路

手足口病は、おおよそ3~6日間の潜伏期間を経て発症します。主な感染経路は、飛沫(ひまつ)感染、接触感染、経口感染です。

  • 飛沫感染
    感染した人のせきやくしゃみ、会話などで飛び散った飛沫(しぶき)を吸い込むことで感染します。
  • 接触感染
    感染した人や、ウイルスが付着した物と接触することで感染します。タオルの共用や、プールの水が目の結膜に触れることでも感染します。
  • 経口感染
    ウイルスが、手や指を介して口に入って感染します。排便後や乳幼児のおむつ交換したあごなどに、手洗いや手指の消毒をしっかり行わなかったり、不十分な場合に、感染するおそれがあります。

手足口病の主な症状

手足口病の主な症状

発症すると、主に手のひらや甲、足の裏や甲、口の中や歯ぐきなどに赤い発疹や水ほう(水ぶくれ)、潰瘍ができて、痛みやかゆみを伴うことがあります。発熱することがありますが、通常は数日間で治まり、高熱が続くことはあまりありません。

現在のところ、手足口病を根本的に治す治療薬はないため、基本的には免疫の働きによって自然に治るのを待ちます。必要に応じて、症状を緩和する対症療法を行います。
症状が治まれば、保育所や幼稚園、学校、職場に復帰することができます。

子どもの夏風邪 困ったときの相談窓口や感染予防対策はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2020年6月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    夏を元気に!“健康トラブル”119番「手足口病・ヘルパンギーナ」