足のかゆみや皮膚がふやける水虫 症状・間違いやすい病気・予防法・治療について

更新日

セルフケア・対処 水虫(足白癬・爪白癬) かゆみがある 足・脚

水虫って何?

水虫は、日本人の5人に1人が悩まされると言われる、身近な病気です。*1
その原因は、カビ(真菌[しんきん])の一種である「白癬菌(はくせんきん)」の感染です。

カビの一種である白癬菌(はくせんきん)

白癬菌は、床やバスマット、スリッパなどさまざまなところに存在しています。ですから、日常生活の中で白癬菌に触れるのは、避けられません。ただ、付着したからといって、必ず感染するというものではありません。

水虫発症のメカニズム
水虫発症のメカニズム。菌が角質層の内部に入り込んでしまうと、白癬菌が角質を食べてしまう

水虫の原因となる白癬菌が付着していても、皮膚の表面にあるだけの状態では、発症はしません。
ただ、菌が角質層の内部に入り込んでしまうと、白癬菌が角質を食べてしまいます。その結果出てきた成分に反応して、炎症や水疱ができ、かゆみが起こります。これが水虫の症状です。

足に感染する「足白癬」の症状

水虫で多いのが、白癬菌が足に感染する「足白癬(あしはくせん)」です。足白癬は、日本人全体の約2割、特に50~60歳代では約3割に起こっているとされています。*1
症状としては、初期には足の指の間が白くなります。進行すると、皮膚がふやけてむけたり、かゆみが出ることがあります。

足白癬(あしはくせん)の症状

また、足の裏に小さな水泡ができ、かゆみが出ることがあります。足の裏やかかとの皮膚が厚く、硬くガサガサになり、痛みが強く出ることもあります。

足白癬(あしはくせん)の症状 足の裏に水疱
足白癬(あしはくせん) 足のがさがさや強い痛み

足白癬を放置すると爪に感染する「爪白癬」が起こる

足白癬を放置していると、白癬菌が爪に感染して、「爪白癬(つめはくせん)」が起こることがあります。爪白癬は、国内で約1100万人が発症していると考えられ、加齢とともに増加し、特に高齢者の男性に多くみられます。*1

爪白癬(つめはくせん)の症状

爪白癬になると、爪が白色から黄色に濁って厚くなり、やがて爪がボロボロになってしまいます。爪白癬が重症化すると、自分では爪が切れなくなるほど爪が分厚くなり、変形、皮膚もただれ、水泡も出来ます。こうなりますと、靴を履くのも困難になります。また、体のバランスがとりにくくなり、転倒して骨折し、歩けなくなることも少なくありません。

水虫と間違いやすい皮膚の病気

水虫を疑って皮膚科を受診した人のうち、約3分の1の人は水虫ではなく、次のような皮膚の病気と診断されています。*2

乾せん

皮膚が赤くなって盛り上がり、慢性的に皮膚の表面に銀白色の“粉”のようなものができて剝がれ落ちます。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

膿(うみ)が溜まった「膿胞」が、手のひらや足の裏に数多くでき、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

汗疱(かんぽう)

強いかゆみを伴う水疱が、手のひらや指、足の裏や指などに慢性的にできます。

接触皮膚炎

特定の物質が皮膚に接触すると、その刺激やアレルギー反応でかぶれが起きます。

水虫の予防法

水虫(足白癬)にならないための予防法

水虫の予防として重要なポイントは、角層の中に入る前に白癬菌を除去することです。およそ12時間~48時間で侵入することがわかっているので、それまでに対処する必要があります。

具体的には、それまでに足を洗う、または、乾いたタオルで拭うだけで、ほとんどの菌が落ちます。また、白癬菌は高温多湿の環境で増殖するため、長い時間靴を履き続けないようにするなど、足を蒸らさないようにすることが重要な予防法です。例えば、職場でサンダルのような通気性のよいものに履き替えるなどするとよいでしょう。

水虫の治療 焦らず根気よく

水虫(足白癬)の治療では、「抗真菌薬」の塗り薬を1日1回塗るのが基本です。足の指だけではなく、足の指の間、足の裏やかかとまで、症状が現れていない部分にもしっかり塗りましょう。塗り薬の量は、片方の足で0.5g程度です。

塗り薬は、最低でも4週間以上、再発を防ぐためには、2~3か月は塗り続けることが大切です。症状がなくなっても白癬菌が残っている可能性があるので、自己判断で薬を塗るのをやめないようにしましょう。

*1 2009年「日本臨床皮膚科医会雑誌」
*2 1995年「日本皮膚科学会雑誌」

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2020年5月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキストのご案内
※品切れの際はご容赦ください。
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    どう治す?気になる水虫・イボ「今すぐ始める!水虫対処法」