増える子宮体がん

更新日

子宮体がん患者数の増加

子宮体がん患者数の増加

妊娠中に赤ちゃんが育つ場所である子宮の上部2/3を子宮体部といいます。この子宮体部に発生するのが子宮体がんで、多くは女性ホルモンの乱れが原因で起こります。50~60歳代に多く発症するがんですが、近年は30歳代後半や40歳代の患者も増え、この20年間で患者数は約4倍に急増しています。背景には、結婚・妊娠年齢の上昇や妊娠回数の減少、月経不順、食の欧米化などがあるとみられています。
子宮体がんの代表的な症状は不正出血で、早期からほとんどの人に現れます。閉経後であれば「時々出血がある」、閉経前であれば「月経以外のときに出血がある」「月経が8日間以上続く」「通常より月経量が多い」といった症状があります。特に、「閉経前後」「肥満」「月経不順がある」「妊娠・出産の経験がない、あるいは少ない」「更年期障害の治療などでエストロゲンを補充する薬を単独で使っている」といった人は、子宮体がんのリスクが高いので注意が必要です。不正出血などの症状がある場合は、放置せずに産婦人科を受診してください。

子宮体がんの治療

子宮体がんの治療

子宮体がんを完全に直すためには手術が基本となります。早期に発見されれば、手術によって8~9割の患者さんは治癒します。再発の心配がある場合は、術後に抗がん剤による治療や放射線治療を行うこともあります。
子宮体がんには、卵巣がんとの重複がん(それぞれ別個に発生するがん)が多いため、手術では子宮と卵管、卵巣をすべて摘出します。子宮を摘出するため、妊娠は不可能になります。手術後は、傷口と腸が癒着を起こして腸閉塞を起こすことがあるので、腹痛や吐き気などの異常がある場合にはすぐに受診してください。がんが進行して広がっている場合は、周辺の組織と骨盤内や腹部大動脈の周囲のリンパ節なども摘出します。こうした手術を行った場合、リンパ浮腫や脚の炎症、残尿感尿意を感じにくくなるといった影響が出る場合があります。適切な対処を行い、悪化させないようケアをすることが大切です。
早期子宮体がんでは、開腹手術より身体的な負担が少ない腹腔[くう]鏡手術が2014年4月より保険適用になっています。