動脈硬化を進行させる脂質異常症の新しい指標、non-HDLコレステロールとは?

更新日

動脈硬化とコレステロール

特定健診の結果表

動脈硬化にはコレステロールなどの血液中の脂質が関係します。その値は特定健診などの血液検査でわかります。検査項目のうち、LDLコレステロールは「悪玉」とも呼ばれ動脈硬化の最大の危険因子です。HDLコレステロールは「善玉」とも呼ばれ動脈硬化を防ぐ働きをします。中性脂肪はコレステロールとは別の脂質ですが、やはり動脈硬化を促進します。

さらに、最近では「non(ノン)-HDLコレステロール」という値を特定健診でチェックすることがあります。non-HDLコレステロールの値は脂質異常症の診断基準にも加わりました。

「脂質異常症の原因」についてはこちら「動脈硬化のタイプ、起こりやすい人の特徴」についてはこちら

non- HDLコレステロールとは?

総悪玉non- HDLコレステロールとは?

non-HDLコレステロールは"総悪玉"とも言えるものです。血液中にはLDLコレステロールとは別の悪玉がひそんでおり、その別の悪玉を含めたすべての悪玉の量を表すのが、non-HDLコレステロールの値だからです。

通常、LDLコレステロール以外の悪玉はごくわずかです。しかし中性脂肪の値が高い人ではその量が増え、動脈硬化にも悪影響を及ぼします。なぜなら、別の悪玉は中性脂肪と一緒になって血液中に存在するからです。したがって、中性脂肪が高い人などの場合は、LDLコレステロールだけではなく、non-HDLコレステロールの値もチェックすることが望ましいのです。

また、LDLコレステロールは空腹時に測らないと正確な値の出ない場合があるのに対し、non-HDLコレステロールは空腹時かどうかに左右されずに測定できることも利点です。

non-HDLコレステロールは170mg/dL以上で脂質異常症と診断されます。LDLコレステロールに加えnon-HDLコレステロールの値も考慮することで、脂質異常症をよりきめ細かく治療できます。

脂質異常症のコレステロール値

なお、悪玉LDLコレステロール、善玉HDLコレステロール、中性脂肪は、それぞれ140mg/dL以上、40mg/dL未満、150mg/dL以上で脂質異常症と診断されます。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2019年12月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら