大人の 「注意欠如・多動症(ADHD)」とは?特徴や治療を解説!

更新日

子どもだけではない!大人の「注意欠如・多動症(ADHD)」

「発達障害」は、子ども特有のものではありません。成長した後も症状が持続したり、大人になってから気づく人も増えています。中でも、「注意力に問題が生じる・落ち着きがない」などの特徴がある「注意欠如・多動症(ADHD)」は、成人の3~4%が持っていると言われており、診断を受ける大人が増えています。

発達障害は、子どもの頃から症状が現れ、大人になってから発症するものではありません。しかし症状が軽い場合、または周囲の環境によっては見過ごされることもあります。大人になると、就職や結婚などによって行動の範囲や人間関係が複雑になります。それに対処しきれなくなったときに問題が表面化し、症状に気づくことがあります。

大人のADHDの特徴

ADHDは「注意欠如・多動症」ということで、子どもも大人も同じく、「多動性・衝動性」による特徴と「不注意」による特徴があります。

多動性・衝動性による特徴

多動性・衝動性による特徴

多動性・衝動性による特徴として、「目的のない動きをする」「感情が不安定になりやすい」「過度なおしゃべりや不用意な発言」などがあります。

多動のある方は、行動として現れるため、子どものときに気づかれる可能性が高いと考えられます。大人になると目に見える多動症状はおさまってくることが多いのですが、手足や内面の落ち着きのなさが残ることがあります。

不注意による特徴

ADHD 不注意による特徴

不注意による特徴として、「注意を持続するのが難しい」「ケアレスミスが多い」「片づけが苦手・忘れ物が多い」などがあります。

大人になると許容されないことの範囲が広くなり、本人が負う責任も大きくなります。不注意による症状は、特に社会に出てから仕事などに支障を来し、問題につながることが増えます。ADHDの特性から社会生活がうまくいかず、それが本人の自己否定感を強める原因にもなります。そういったストレスから、二次的にうつ病やパニック障害、対人恐怖症などを伴うことがあります。

しかし、こういった症状をうまくコントロールしている人もいます。大人では、自分の特性を理解し十分なスキルを獲得すれば、不得手な状況に対処して、個性を強みに変えることもできます。
例えば、「1つのことに考えが集中できない」ということは、アイデアが豊富で好奇心があるとも言えます。また、地道な作業などは苦手でも、フットワークの軽さや瞬発力が求められる場所では、もっと個性をいかすことができます。

大人のADHDをコントロールするためには?

ADHDの特性をうまくコントロールすることで、よりスムーズで快適な社会生活を送ることができます。治療としては、薬で症状をやわらげることや、行動の改善を図り、対処法を身につけることなどが行われています。しかし、大人の場合、薬以外の治療法はほとんど普及していないのが現状です。

大人のADHD 薬による治療

大人のADHDの治療薬として認可されているもの

大人のADHDの治療薬として認可されているものには、「メチルフェニデート徐放錠」と「アトモキセチン」、「グアンファシン」があります。中でも「グアンファシン」は、2019年6月にADHDの大人への使用が新しく認可されました。これらの薬は、いずれも「多動・衝動性」、「不注意」といったADHDの症状に広く有効だとされています。

比較的早めに効果を得たいときは「メチルフェニデート徐放錠」を選択します。のんだ直後から効果がみられ、12時間程度続きます。また、「アトモキセチン」や「グアンファシン」は効果が持続することが特徴ですが、効果が現れるまでに時間がかかるという面もあります。症状や人によって、違う薬が効いたりします。またどちらかだけでは不十分なときは、複数用いることもあります。

これらの薬の副作用としては頭痛・食欲不振・吐き気などが挙げられます。「メチルフェニデート徐放錠」には、不眠や動悸(き)がみられることもありますが、いずれも軽微なものだと言われています。様子を見て容量を徐々に増やしていきます。

大人のADHD 行動療法

しかし、薬はADHDそのものを根本的に治療するものではありません。薬は一時的に自己コントロールの困難を改善しますが、薬だけで生活全般が改善するわけではないため、行動の改善を図ることも必要です。まずは、教育を通して、ADHDの特性をよく理解することが大切です。自分を理解することで、自己肯定感を高めることにもつながります。そして、実生活における具体的な場面の対処方法を身につけ、習慣化していくことが重要です。

その方法の1つとして、医療機関で行っている「グループ・プログラム」があります。自分の特性に関して、または日常の忘れものや時間・金銭の管理、対人関係などについて、グループで話し合います。知識やスキルの習得だけでなく、同じ悩みをかかえる仲間と出会い、悩みを共有し共感することで、自己理解が深まることが期待できます。

このようなグループ・プログラムに参加できる場所は、かなり少ないのが現状です。今後、対応できる医療機関を充実させることが大きな課題になっています。参加したい場合は、主治医や医療機関に相談、または地域の精神保健福祉センターに問い合わせてください。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2019年10月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら