結膜炎とは?さまざまな原因と治療、正しい点眼薬の使い方

更新日

結膜とは?

結膜が炎症して起こる結膜炎

「結膜炎」は「結膜」が炎症を起こす病気です。上の画像の右側は、目を横から見た断面図で、左側は正面から見た図です。

結膜は、断面図の赤で示したところ、正面からの図で見ると、まぶたの裏側や白目の表面も結膜で覆われているのがわかります。結膜からは常に粘液が分泌され、涙とともに目の表面を潤し、さまざまなトラブルから目を守る働きをしています。この結膜の部分に炎症が起きると、目が赤くなったり、目やにが出たり、目がかゆくなったり、目の中がゴロゴロする異物感を感じたりします。このような症状がある場合は「結膜炎」が疑われます。

結膜は、外の世界と接しているため、ウイルスや細菌、異物などが侵入して炎症が起こりやすいのです。
治療のためには、まずは何が原因かを見極めることが大切です。

結膜炎の原因

結膜炎の原因分類

原因は、大きく分けて「感染」と「非感染」の2つがあります。

「感染」は、さらに「ウイルス性」と「細菌性」の2つに分類されます。「ウイルス性」は、アデノウイルス、エンテロウイルス、単純ヘルペスなどがあります。「細菌性」には、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

感染性結膜炎で気をつけるべき「アデノウイルス」

感染性結膜炎の中で気をつけるべきなのはアデノウイルスです。手や指を介して、人から人へ簡単に伝染してしまいます。感染力の高い代表的なウイルスで、潜伏期間は1週間くらいです。

アデノウイルスによる結膜炎には「流行性角結膜炎」と「咽頭結膜熱」という2つのタイプがあります。「流行性角結膜炎」は、一般に「はやり目」と呼ばれているもの。「結膜の充血」「目やに」「涙が出る」などの症状が現れます。「かゆみ」はほとんどありません。

「咽頭結膜熱」は「結膜の充血」「目やに」に加え、「のどの痛み」「39度前後の発熱」などの目以外の症状が見られます。夏かぜとして流行することがあり、子どもたちの間でプールを介して流行することがあることから、「プール熱」とも呼ばれます。

非感染性結膜炎とは?

「非感染」は、主にアレルギー反応などによって起こる「アレルギー性結膜炎」のことを言います。
「アレルギー性結膜炎」の患者は、今ではおよそ6000万人(※)います。代表的なものがいわゆる「花粉症」です。

鼻炎だけでなく、目がかゆくなったり、炎症が起きたりします。花粉の他にダニ、ハウスダスト、ペットなどによりアレルギー反応が起きることもあります。

※アレルギー性結膜炎の有病率は 48.7%(6156万人)
出典:アレルギー性結膜疾患に関するWebアンケート調査、日本眼科学会総会2018

重症化するアレルギー性結膜炎「春季カタル」

重症化するアレルギー性結膜炎「春季カタル」

アトピー体質の男児に多く発症する病気で、比較的重症のアレルギー性結膜炎です。春季と言われていますが、必ずしも、春に発症するものではありません。発症すると、思春期まで良くなったり悪くなったりを繰り返します。

症状としては、結膜にアレルギー反応が生じるため「かゆみ」があります。炎症がひどくなり、強い異物感もあります。まぶたの裏の結膜が石垣のようにデコボコに腫れてくるのが特徴です。重症化して角膜にも異常が起こると、痛みで目が開かなくなったり、視力にも支障が出ます。子どもが頻繁に目をこすっていたり「充血」「瞼(まぶた)の腫れ」「白い糸状の目やに」「目を開きづらそうにしている」など、普段と違う目の症状が出たら注意しましょう。

最近は有効な治療薬が出ているので、早めに治療を開始しましょう。継続すれば、重症化せずにコントロールできるようになってきました。

結膜炎の治療

基本は目薬による治療となります。「感染」か「非感染」かによって治療薬が違います。それぞれの原因に対処するための薬が必要です。

[感染]ウイルス性結膜炎の治療

実は、ウイルスによる結膜炎の場合、ウイルスを根本的に退治する薬はないので、体内で抗体が作られて症状が落ち着くのを待つしかありません。その間、対症療法として「非ステロイド性抗炎症薬」や「ステロイド薬」の点眼、細菌感染の合併を防ぐための「抗菌薬」の点眼などが行われます。

診断を受けたら、仕事や学校に行くのは制限する必要があります。感染の危険があるのは、発症から2週間程度となります。学童の場合、登校やプールに入るのは、医師の許可が必要となります。
とにかく、感染を広げないように注意することが大切です。

[感染]細菌性結膜炎の治療

細菌性結膜炎の場合は「抗菌点眼薬」を使用します。多くの場合、点眼治療によって症状が収まります。点眼回数を守って治療すれば、3日から1週間程度で良くなります。

[非感染]アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎の治療

「アレルギー性結膜炎」については、一般的に「抗アレルギー点眼薬」が効果的です。「メディエーター遊離抑制薬」と「ヒスタミンH1受容体拮抗薬」の2種類があります。アレルギー反応では、ヒスタミンという物質が炎症を引き起こします。「メディエーター遊離抑制薬」は、ヒスタミンの放出を抑えます。「ヒスタミンH1受容体拮抗薬」は、受容体をブロックすることでヒスタミンの作用(充血やかゆみ)を抑えます。

花粉症に対しては、花粉が本格的に飛ぶ前から、少しでも症状があれば、早めに「抗アレルギー点眼薬」を開始するとよいでしょう。

アレルギー性結膜炎「春季カタル」の治療

アレルギー性結膜炎「春季カタル」の治療

春季カタルの治療には「抗アレルギー点眼薬」、「ステロイド点眼薬」と併用して「免疫抑制点眼薬」を使用します。「シクロスポリン」「タクロリムス」という、点眼薬のなかでは比較的新しい薬です。
以前は、重症化するとステロイドの結膜下注射、内服、外科的治療が必要な疾患でしたが、この薬によって、点眼だけで治療できることが多くなりました。

点眼薬の正しい使い方

(1)手をよく洗い、清潔な状態で点眼容器を扱いましょう。

正しい点眼法 下まぶたと眼球の間に

(2)下まぶたを軽くひくと、点眼薬が入りやすくなります。必ずしも黒目の真ん中に落とさなくても大丈夫です。

(3)点眼時、容器の先がまぶたやまつ毛にふれないように注意しましょう。容器の先が目に近づき過ぎると、涙が点眼容器に逆流し、薬液が汚染されることがあります。

正しい点眼法 すぐにはまばたきをしない

(4)点眼後すぐにはまばたきをせず、しばらく目を閉じます。まばたきをすると、薬が外へ流れ出てしまいます。

(5)あふれた点眼液は、清潔なティッシュで拭き取ります。

一回一滴でも十分な効果があります。処方された用法どおりに使用しましょう。目からあふれた目薬で接触皮膚炎になることもあるので、さし過ぎには注意が必要です。

結膜炎から目を守る

感染性の結膜炎の対策

手洗いが一般的な対策です。また、外では意識して目を触らないように気をつけましょう。それでも感染してしまった場合には、さらに拡散しないための対策も必要です。

(1)家族とはタオルを別にする

(2)お風呂は最後に入る

(3)アルコール消毒をする

(4)学校へは行かない
学童は医師からの許可がない限り、登校はしないようにすること。

(5)職場にできるだけ行かない
特に、人と会う仕事をしている場合は注意が必要。

非感染のアレルギー性結膜炎の対策

(1)花粉防止メガネの装着や帰宅時に洋服を払うなど...花粉の侵入を防ぐ

(2)室内を清潔にする...ダニやカビ、ホコリなどの発生を防ぐ

(3)人工涙液による洗眼...防腐剤の入っていない市販の目薬を使って、目の表面を洗い流す

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2019年10月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    トコトン点検!目の健康「放置は危険!結膜炎」

関連タグ

カテゴリー
# 目の病気
病名
症状
# 目がおかしい
部位
# 目