【心不全の治療】薬の効果、重症のケース、日常的に気を付けること

更新日

心不全の薬による治療

心不全の治療の基本は生活習慣の改善と薬の服用です。
心不全の薬にはさまざまな種類があり、主に4つのタイプに分けられます。これらの薬は効能が似ていても作用する場所がそれぞれ異なり、数種類の薬を併せて服用する場合もあります。

心不全の薬

心臓を保護する薬

ACE阻害薬、ARB、アルドステロン拮抗薬などは、特に心不全の初期の段階から使われます。血圧を上げるホルモンの働きを妨げることで血圧を下げ、心臓を保護します。

心臓を保護する薬

心臓を休ませる薬

β(ベータ)遮断薬は、血圧を下げたり、脈を遅くしたりすることで心臓の負担を軽くします。少量から始めて徐々に増量していくと心臓の働きがよくなっていきます。

心臓を休ませる薬

心臓を楽にする薬

利尿薬は、体の余分な水分を尿として排出させるものです。むくみや息苦しいなど、うっ血による症状を改善させます。

心臓を楽にする薬

心臓を力づける薬

強心薬は、心臓の筋肉に作用して、血液を送り出すポンプ機能を強くします。

心臓を力づける薬

重症心不全の治療


重症心不全の治療

心臓の機能がひどく低下し、生活習慣の改善と薬の服用では進行を抑えるのが難しい場合を「重症心不全」といいます。

重症心不全のうち、心臓が正常に収縮しなくなった一部の人に、「心臓再同期療法」が行われます。これは特殊なペースメーカーを使い、心臓の左右を同時に刺激することによって、心臓が血液を送り出すリズムを調整する治療法です。

さらに重症の場合は、心臓移植が検討されます。心臓移植には、亡くなったあとに心臓を提供してくれるドナーが必要となりますが、その数が圧倒的に不足しているのが現状です。そこで、心臓移植を待つ間、低下した心機能を補うために、補助人工心臓を使うことも検討されます。

心機能の低下を回復させるには

心機能の低下

心不全は、心臓の機能が低下して十分な量の血液を全身に送り出せない状態です。心臓は1日10万回以上も拍動しているため、健康な人でも年齢が高くなるにつれ、心臓の機能は低下していきます。
心不全を完全に治すことはできませんが、治療を継続することで心臓の機能を回復させることは可能です。心筋梗塞や高血圧などから「急性心不全」が起きたとしても、きちんと治療を継続すれば、日常生活を普通に送ることができる人もたくさんいます。

しかし、薬の服用や治療を中断したり、放置したりすると、急激に心機能が低下します。入院を繰り返すうちに機能がどんどん落ちて、やがて命の危険にまでつながってしまいます。

日常生活で注意すること(塩分のとりすぎや感染症など)

日常生活で注意すること

<日常生活で注意すること>

  • 食塩のとりすぎ(目安:1日7g以下)
  • かぜなどの感染症
  • 疲労感や息苦しさなど症状の悪化
  • 薬の勝手な中断

日常生活で気をつけたいのは「食塩のとりすぎ」です。食塩をとりすぎると血圧が高くなり、心臓に負担をかける原因となります。食塩の摂取は1日6~7g以下を目安として減塩を心がけましょう。
また、かぜなどの感染症にも注意してください。特に、発熱をきっかけに心不全が悪くなることがあるため、日ごろから気をつけて、予防することが大切です。

疲労感や息苦しさは、肺に水がたまったりして起こる症状です。以前よりひどくなったと感じたらすぐ受診しましょう。そして、自己判断での薬の中断はけっして行わないようにしてください。

心不全のQ&A

高血圧で症状あるが心臓の検査を受けるべきか?(67歳 女性)
平坦な道を歩く事は大丈夫ですが、階段を上がる時は結構息切れがあり両足のだるさあります。日常でも息が上がる事を感じたり、呼吸が浅かったり。血圧も高かったので... 続きを読む

厚くなった心臓の壁は治療で薄くなるか?(46歳 男性)
高血圧を長年放置しておくと心臓の壁が厚くなるということですが、高血圧をその後ちゃんと投薬により治療すれば、この厚くなった壁をある程度薄くして治すことは可能でしょうか?... 続きを読む

「Q&A 心不全」はこちら