心不全の治療 薬の効果は?重症になったら?

更新日


心不全の薬


心不全の治療の基本は生活習慣の改善と薬の服用です。
心不全の薬にはさまざまな種類があり、主に4つのタイプに分けられます。これらの薬は効能が似ていても作用する場所がそれぞれ異なり、数種類の薬を併せて服用する場合もあります。


心不全の薬

心臓を保護する薬

ACE阻害薬、ARB、アルドステロン拮抗薬などは、特に心不全の初期の段階から使われます。血圧を下げることによって、心臓を保護します。


心臓を保護する薬

心臓を休ませる薬

β(ベータ)遮断薬は、血圧を下げたり、脈を遅くしたりすることで心臓の負担を軽くします。少量から始めて徐々に増量していくと心臓の働きがよくなっていきます。


心臓を休ませる薬

心臓を楽にする薬

利尿薬は、体の余分な水分を尿として排出させるものです。むくみや息苦しいなど、うっ血による症状を改善させます。


心臓を楽にする薬

心臓を力づける薬

強心薬は、心臓の筋肉に作用して、血液を送り出すポンプ機能を強くします。


心臓を力づける薬


重症心不全の治療



重症心不全の治療

心臓の機能がひどく低下し、生活習慣の改善と薬の服用では進行を抑えるのが難しい場合を「重症心不全」といいます。
重症心不全のうち、心臓が正常に収縮しなくなった一部の人に、「心臓再同期療法」が行われます。これは特殊なペースメーカーを使い、心臓の左右を同時に刺激することによって、心臓が血液を送り出すリズムを調整する治療法です。
さらに重症の場合は、心臓移植が検討されます。心臓移植には、亡くなったあとに心臓を提供してくれるドナーが必要となりますが、その数が圧倒的に不足しているのが現状です。そこで、心臓移植を待つ間、低下した心機能を補うために、補助人工心臓を使うことも検討されます。

Q&A「心不全」はこちら