障害のある人の恋愛やセックスの悩み

更新日

脳性まひの男性・ユウキさん(22)「車いすを使っている僕でも風俗店を利用できますか?」

baribara_1

ユウキ:家に風俗店から女性を呼ぶときに、車いすというだけで断られてしまって。10軒中1軒しかOKが取れなくて、今も探しているけど・・・。
山村茜(障害者を多く接客してきた現役風俗嬢):私でよかったらぜひ、五反田でやっておりますので。そういうお店もありますよ。
山本シュウ(MC):やっぱり情報入れなあかんね、ほかに困ってることある?
ユウキ:高校のときに自分と同じく車いすを使っている彼女がいたんですよ、そのときにデートに行くと親同伴で。2人っきりになるのは数分だけで。デートと呼べるのかな?って。
山本シュウ:不自由やなあ・・・ほかにもある?
ユウキ:ラブホテルに行こうとしても段差とか、スペースが狭いと入れないってことがあるので。
山村茜:バリアフリーのラブホテルすごく数が少ないですよね。
ユウキ:なかなか見当たらなくて。
YOU:できればスーっていきたいよね。
山村茜:五反田にはバリアフリーのホテルありますよ。
山本シュウ:情報として、あるといいよね。

脳性まひの女性クロエさん(大学生)「障害を気にして恋に奥手になってしまいます」

baribara_2

クロエ:大学の同級生で目がかわいくて、しぐさが子犬みたいで。まだどうにもなっていないですけど・・・
YOU:お友達としては仲良し?
クロエ:はい、初めて好きになりました。そういう感情がわからなくって。
YOU:なんかちょっと胸が痛くなっちゃう感じになった?それよそれ。
エリイ(現代アーティスト集団・Chim↑pom):仲良くしたいよね?でも好きって怖い。好きな人って輝いて見えるし。でも同じ人間だから、みんな。
クロエ:車いすだからどうかなって思うときもあったりして。
東佳実(障害者自立生活支援センター職員・捻曲性骨異形成症):自分じゃって引け目感じたりしちゃうの?自分もそういうとこあったから、めっちゃわかるし。車いすやからっていうのも考えたけど、好きっていうのがあふれちゃうから、伝えたし、伝えたところでフラれても友達でいいからって仲良くなっちゃう感じで。
クロエ:まだ友達ってほど仲良くなくって。
東:まず友達になろう。
エリイ:字を打つことはできますか?LINEを交換して、送って、深めていく。グループじゃなくて2人で連絡して深めていく。何かあったっていうのもそうだし、好きそうな有益な情報を送ってあげる。
YOU:彼が興味ありそうなこととかね。
山本シュウ:みんなあなたのこと応援してるからね!

「バリバラ」ではこれまでもマイノリティーの愛や性をたくさん伝えてきました。過去の放送内容は番組HPからご覧いただけます。

「バリバラ」HPはこちら!

関連キャンペーン

性について真面目に考えてみた