楽しく、ちゃんと "性"に向き合う!染矢明日香さんインタビュー

更新日

恋みくじ
左端が染矢さん

令和に変わった5月1日、ナゾの巫女姿の一団が渋谷に現れた。道行く人に配り始めたのは、恋のおみくじ。だが、そこにはコンドームが添えられていた!?

実はこれ、性についての正しい知識や判断力をつけてもらおうと活動するNPO法人ピルコンが仕掛けたイベント。なぜ?そして、彼女たちは何を目指しているのか?理事長を務める染矢明日香さんにインタビュー!

染矢:コンドームつき恋みくじは、令和の新時代になったので、何かやりたいなと思ったのがきっかけです。コンドームが多くの人にとって遠い存在になっているというか、手に取りづらくて身近じゃないというのを、恋みくじという手に取りやすい形にして、おもしろがりながら身近に感じてもらえたらなと思って企画しました。もっとコンドームは気軽に持っていいものだよとか、コンドームについて話していいということが、企画の面白さを通じて伝わったらなと。今後も定期的にできたらと思っています。

コンドームつき恋みくじ
コンドームつき恋みくじ

NPO法人ピルコンは、染矢さんが2013年に設立。現在40名のメンバーとともに、講演やイベントなどを通して若い世代を中心に性の啓発活動を行っています。その始まりは染矢さんの個人的な経験から始まっているんだそう。

染矢:もともと学生時代に中絶をした経験があって、こんなにつらいことがあるんだって思ったんです。でも調べてみると、日本での中絶件数ってすごくたくさんあって、私以外でも誰でも起こることなのに、ネットには不確かなことばかりで、全然性を学ぶ機会がないなと思ったのがきっかけです。もっと性を大切なこと、身近なこととして学ぶ機会が増やせたらと思ってやっています。

「性についての活動をしてる」というと驚かれることもあるんですけど、誰でも悩むことはあるし、普通の人が普通のトーンで話していいんだよということが伝えられたらと思っています。特に若い子たちからは、初めは性のことをストレートに話すのでザワつくような反応もあるんですが、知ることができて良かったという声がすごく多くて。「本当だと思っていたことが全部ウソだった」「全然知らない知識ばかりだった」とか「お互いに思いやることが大切だとわかった」といった感想を多くもらっています。私自身も、大人になってから性教育を学べたことで、人生がいい方向に変わったと思うんですよね。受け身じゃなくて自分主体で決められるとか、相手と自分の思いをすりあわせる方法とか。それって本当に自分らしく生きていくということに役立つことなので、その良さを広められたらと思います。

染谷さん講演・イベント
染谷さん講演・イベント

講演やイベントを通して、いまの10代に接する機会が多い染矢さん。彼らを取り巻く性の状況は、大きく変化しているというー

染矢:私、JC(女子中学生)になりすましたアカウントを持ったことがあるんですよ。そうしたら、めっちゃメッセージが来て。援助交際しようとか、ビデオチャットで5分間お互いに裸のまま無言で1万2千円とか、男性器そのものの写真を送りつけられたりとか、JCということで、その子が性的に目覚めているかどうかに関わらず性的な目線で見られているんだなというのを感じました。
やってみて気持ち悪くなったんですけど、女子中学生はやっぱりそういう目にさらされているし、性的な存在として見られることに価値を見出して、今まさにやりとりをしている子というのは現実にいるんだろうなと思いました。ネットに簡単につながれる環境の中で、若い世代が自分の心と体の守り方を整えていくのは急務だと思いますし、学校だけじゃなくて地域や保護者の理解を得て広げていくということも大切だなと思います。

一方で、今の10代たちは、すごいみんな空気を読みますね。でもそれって本当に自分の気持ちなのかなって。相手や周りに流されず自分がどう感じるかに向き合ってほしいし、自分と相手の気持ちが同じとは限らないという前提で、相手に聞く、伝える勇気ももってほしいなと思います。

最後に、染矢さんたちが今、力を入れていること、そして今後の大きな目標を聞きました。

染矢:いまAMAZEというアメリカの性教育団体が作っている動画を翻訳して、日本語に吹き替えて動画サイトで無料で見られるようにする取り組みをしています。子供たち自身が簡単に見て学べるツールにもなりますし、大人がどう伝えるべきとか、性教育ってこういうことをやるんだという理解を広げていけたらなと思っています。

緊急避妊薬へのアクセスの改善を求めるキャンペーンもしているのですが、背景にある日本の性教育の問題が大きいと感じているので、今後の一番の目標として、そうした国の性教育のあり方を変えていくことに、チャレンジしていきたい。どこにいても日本の誰でも、性教育が当たり前に受けられることを実現していきたいです!

関連キャンペーン

性について真面目に考えてみた