むかい・かずひろ

向井 一弘

メッセージ動画

アナウンサー写真・思い出の1枚

当時の職場の仲間と(向井アナ 一番左)

2021年2月現在の所属・業務

水戸放送局
各種スポーツ中継、「いば6」スポーツコーナー

NHKに入ったのは

2001(平成13)入局

これまで働いた場所は

金沢→大津→水戸→仙台→東京→水戸

金沢局にいたのは

2001(平成13)~2004(平成16)

当時の仕事は

「みまっしワイド」(スポーツコーナー、紙芝居コーナー)

金沢局時代の思い出&失敗談

2年目の夏、ラジオ特番のためディレクターとして白山へ。取材、制作、予算の扱い、各所への申請など初めての経験ばかり。当日、なんとかスタッフ総勢6人で標高2450mの室堂に到着。「先に食事・宿泊代を」と言われ、自信満々に用意したお金を封筒から出したところ、山小屋の方がひと言。「あと5名様の分は?」(たまたま別のニュース取材で白山を登る先輩カメラマンがいたので、電話で泣きついて持ってきてもらいました…)

石川でもう一度、お会いしたい人は?

金沢城公園・菱櫓の棟梁の南さん、七尾市・お熊甲祭りの歴史を調べていた橋本さん、白山の自然を解説して下さった中江さん、加賀鳶はしご登りの消防団の分団長の西明さん、雪国で唯一の消防車メーカーの長野さん、近江町市場のカニ屋の木戸さん…書き切れません(笑)。駆け出しのころの仕事は1つ1つの思い出が濃いのです。取材で出会えたみなさん、ずっと覚えています。本当にお世話になりました!

石川のみなさんにひとこと

実は去年、久しぶりに石川県を旅しました。新人時代の私を育ててくれた加賀・能登の懐かしい風景、懐かしい味、懐かしい人々に出会いました。「初任地はいつまでも特別な場所」。あの頃、先輩に言われてもピンとこなかった言葉を、20年経って心の深いところで実感しています。石川県の皆さん、またいつかお会いしましょう!