ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. 【被災地の声】珠洲市 茨山勉さん 元旦に母と乾杯 その数時間後に… 「優しい母ちゃんだった」

【被災地の声】珠洲市 茨山勉さん 元旦に母と乾杯 その数時間後に… 「優しい母ちゃんだった」

  • 2024年03月04日

2024年1月1日に発生した、石川県能登半島地震。

石川県では、2月29日午後2時の時点で「災害関連死」の疑いを含め、241人の死亡が確認されています。

珠洲市に住む茨山勉さんは、20年以上ともに暮らしてきた母・美智子さんを亡くしました。

新年を祝い乾杯をした数時間後、2人を襲った地震。

「いまも夢か現実かわからず、別の世界に来てしまったような感じです」

勉さんの声です。

母と2人で20年以上

石川県珠洲市の茨山勉さん(70)は高校を卒業後、実家を離れ金沢市内で就職しましたが、高齢の両親が心配で、地元に帰ることを決めました。

すぐに父親が亡くなり、母親と2人だけの生活になりました。

地震が起きたのは、勉さんが実家の離れで夕飯の支度をしていた時でした。

隣接する母屋の1階にある母の美智子さん(96)の部屋へ行き、「そば、食べるか」と声をかけた直後、1回目の揺れが来ました。

このときは縦揺れで大きな被害はありませんでしたが、ついたままだったストーブが気になって美智子さんの部屋から離れの2階に向かいました。

安全を確認し、美智子さんのもとに戻ろうと階段を降りていたところで2回目の揺れに襲われました。

「1人ではどうにもならない…」

手すりをつかんで必死に揺れに耐えていた時、突然、周囲が明るくなったように感じたといいます。

母屋で遮られて入ってこないはずの日光が窓からさし込んできたのです。

揺れがおさまり急いで階段を降りると、母屋につながる扉が壁と一緒に抜け落ちていて崩れ落ちた母屋が目に飛び込んできました。

美智子さんを捜すために慌てて瓦や柱などを取り除こうとしましたが、「1人ではどうにもならなかった」と振り返ります。

2日後、消防の捜索で、美智子さんが自分の部屋の近くで倒れているのが見つかりました。

すでに亡くなっていましたが、勉さんにはきれいな顔で、苦しんだ様子もなかったように見えたということです。

「優しい母ちゃんだった」

茨山美智子さん

2人はともに畑仕事に精を出し、数年前に美智子さんが認知症と診断されてからは、不慣れだった料理にも励み、つつましくも穏やかな日々を過ごしてきました。

そんな2人の日常を彩ったのはお酒だったといいます。

元旦にも、新年を祝うため美智子さんと2人、日本酒で乾杯し、美智子さんは「ことしで97歳だ」とうれしそうにしていたといいます。

「優しい母ちゃんだった」美智子さんとの別れから7週間余り。

いまも倒壊した母屋はほとんど当時のままで、勉さんはひとり、崩れなかった離れに残っています。

もう一緒にお酒を飲むことはできなくても、美智子さんと過ごしたこの場所でこれからも暮らしていきたいと考えているからです。

勉さん
「いまも夢か現実かわからず、別の世界に来てしまったような感じですが、これも運命だったのだと思います。
ほかに行くところもないし、これからもここで暮らしたいと思っています」

被災地の状況について、こちらから情報をお寄せください

避難生活での困りごとや悩みごと、相談できずに困っていることなども含めて、こちらの「ニュースポスト」へ情報をお待ちしています。

画像をクリックすると投稿フォームに移動します

あわせて読みたい

ほかのおすすめ記事

ページトップに戻る