ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. 【被災地の声】輪島市 亡くなった弟へ「なんであんただけ先に逝ったんや」園利子さん

【被災地の声】輪島市 亡くなった弟へ「なんであんただけ先に逝ったんや」園利子さん

  • 2024年02月13日

 

2024年1月1日に発生した、石川県能登半島地震。

石川県では、これまでに「災害関連死」の疑いを含め、241人の死亡が確認されています。

地震による土砂崩れに巻き込まれて亡くなった中橋光次さんの姉、園利子そのとしこさんの声です。

一瞬にして土砂が……

輪島市三井町で1人暮らしをしていた中橋光次さん(72)はあの日、地震で起きた土砂崩れに巻き込まれました。

山の斜面が広い範囲で崩れ、光次さんの自宅は土砂と木で埋まりました。

光次さんはしばらく「安否不明」となっていましたが、地震から5日後に見つかり、死亡が確認されました。

姉の園利子さん(80)は、光次さんは「きれいな顔をしていた」と話しています。

 園利子さん

「一瞬にして大きなの(土砂)が来たら、たぶん逃げ場もなかったと思う。でも死に顔を見たら、寝ているような顔で傷もない状態だった。涙が出ました。なんでこの子だけこういう目に遭うのか……」

「1人でよく頑張ったね」

光次さんは8人兄弟の末っ子でした。左官職人として勤めていた会社を定年退職したあと、亡くなった兄に代わって家を継ぐために1人で実家に帰ってきたということです。

亡くなった光次さんに、利子さんはこう声をかけたといいます。

「家を守ってくれてありがとうねって。災害からは守りきれんかったけどね。人に迷惑もかけず、1人でよく頑張ったね」

義理の兄 敬さん 

また、利子さんの夫で、光次さんの義理の兄の敬さん(81)は、光次さんとは「血のつながった本当の兄弟のように、何でも言い合える関係だった」と話しています。

「ずっと家のことを守りながら動いてくれていた。冬は雪すかし(雪かき)して、春先になったら家の周りの草を刈ったり掃除をしたりしていた。『光次、今度また来るから元気しといて』と言って帰ると、いつも玄関から出て車が見えなくなるまで手を振っていた」

「ちゃんと安らかに眠ってね」

今回の地震では、利子さんと敬さんが住んでいた輪島市の自宅も地震で倒壊しました。

現在、2次避難先の加賀市のホテルで過ごす2人は、光次さんの写真を持っていませんでした。

取材の日、記者が利子さん夫妻の長男から提供を受けた20年ほど前の光次さんの姿を写した写真を手渡しました。

「わぁぁ」

利子さんは声をあげて、しばらくじっと見つめました。そして、写真の中の光次さんのほおや頭を優しくなでていました。

「光次」

利子さんは名前を呼び、こう語りかけていました。

「なんであんただけ先に逝ったんや。私が送ってもらいたかった。ちゃんと安らかに眠ってね。お墓も小さいながらもまた作ってあげるね」

 

被災地の状況について、こちらから情報をお寄せください

避難生活での困りごとや悩みごと、相談できずに困っていることなども含めて、こちらの「ニュースポスト」へ情報をお待ちしています。

画像をクリックすると投稿フォームに移動します

あわせて読みたい

ほかのおすすめ記事

ページトップに戻る