ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. 金沢グルメ カレーかジオラマか 辰巳用水をカレーで再現!? 

金沢グルメ カレーかジオラマか 辰巳用水をカレーで再現!? 

カメラマンリポート
  • 2023年09月25日

金沢市を流れる犀川上流の山あい、犀川地区で、カレーで町おこしをしようと、町ぐるみで取り組む人たちがいます。
試行錯誤の末できあがったのは、インパクト抜群のご当地カレー。新しい名物料理を生み出そうと奮闘した人たちを追いました。

地域の魅力をカレーに

まるで自然風景のジオラマのような造形

自然をイメージしたご当地カレー。
金沢市内を流れる犀川上流の地域をイメージしてつくられました。

開発の中心は移住者

このカレーを企画したのは、金沢市の犀川地区に住む山部裕太さんです。

山部さんはこの地区の町おこし活動をしている地域おこし協力隊の隊員です。
自然豊かなこの地域が気に入り、一年半前に家族と北海道から移住しました。
カレー作りが得意な山部さんは月に2回、知人の店を借りてカレーを販売しています。
将来この地区でカレー店を営みたいと考えています。

山部さん
 

何かこう地域をしっかり絡めたような活動はできていなかったので、
いま2年目なんですけど、何か大きなことができればいいなと

地域の何をカレーにする?

犀川地区をイメージしたカレーで町おこしをしようと地域の自然を歩き回りました。

「棚田と川をあいだにはさんで、
(町が)両立している地形がすごくおもしろくて」。

山部さんの1番のお気に入りは・・・。

犀川地区を起点に流れる「辰巳用水」です。

山部さんは、兼六園など金沢の中心部まで水を届ける、この重要な用水をデザインのメインにしたいと考えました。

地元のみんなで力をあわせて

さらに、面白いデザインで町おこしをしようとアイデアを地元の人たちから募りました。

集まったなかでも、ユーモアにあふれた小学生のアイデアを取り入れることにしました。

地元の人たちにも声をかけ、いっしょに地域を盛り上げようとカレー作りが始まりました。
山部さんはまずは紙粘土で模型を作りました。
どんなできになるのか、模型を元に犀川地区の風景を再現していきます。

カレーのトンネルは難工事に

ごはんで山をつくり、穴を開け、辰巳用水が流れるトンネルを再現。
メンバーも山部さんといっしょに面白いカレー作りを楽しみます。

トンネルの入り口にはレンコンを使いました

さらに、辰巳用水を外部から守る石垣には魚のヤマメを使うなど、細部にまでこだわります。
あとはカレーを水に見立てて、流し込むだけ。しかし…。

トンネルを通ることができません。

山部さん

失敗の原因は水分量が少なかったことですね

水分量を増やして、いざ2回目の挑戦。
アイデアをくれた小学生たちも見守ります。
しかし、それでも…。

レンコンの穴をほじくりますが・・・

今度は山のトンネルの穴が小さいことが原因でした。
ジオラマのようなカレーは簡単にはいきません。
それでも、珍しいカレー作りには子どもたちもうれしそう。

「凄い大きな山みたいな、おいしい」。
「地域の人も来てくださっておいしいって言ってくれたのでよかったと思います」。

ちなみに、成功するまで2か月かかったという試作品は。

ちゃんとトンネルからカレーが出てきました。
辰巳用水、開通!

カレー皿にも仕掛けが

さらにこのカレーにはもう一つ仕掛けが。
食べ終わると地元の小学生が描いた犀川地区の風景が現れます。

お皿に犀川地区の絵が!

カレーが地域と人をつなぐ

今後も改良を重ねるという山部さんたち。
地元の人たちの思いが詰まったオンリーワンのカレーへの挑戦は続きます。

山部さん

カレーのこの部分がどこなんだろうっていうふうに
カレーから広がるようにガイドブック的な存在になっていけばいいなと。
人と人をつなげるような、地域と人をつなげるような、
そういったものになっていけばいいなと思う。


取材後記(田辺宏平カメラマン)
 リポートでご紹介したカレーは、見た目だけでなくもちろん食材や味にもこだわっています。 白米は犀川地区で採れたものを使い、カレーはスパイスをベースとした特製オリジナル。本格的ながらも 大人から子供まで食べやすい味になっています。 カレーが大好きの私も試食しましたが、スパイスの効いた奥深い味わいにお腹と心が満たされました。 
 今回の取材で印象的だったのは大人たちの姿です。 最初は手探りだったメンバーも、アイデアを出し合ううちにだんだんと大胆になり、前代未聞のカレー作りを楽しんでいました。 カレー作りを通じて近隣との交流も深めてもらえればと考えていた山部さん。 狙い通りの結果になったのではないでしょうか?  今後も試作を重ね、来年の春に完成を目指しているとのことで、一体どんなカレーに仕上がるのか、楽しみですね。

動画の公開期間は令和5年9月25日から11月24日までです。

ページトップに戻る