ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. 金沢局勤務3回目!朝ドラ送り 宮崎浩輔アナウンサーの喜怒哀楽

金沢局勤務3回目!朝ドラ送り 宮崎浩輔アナウンサーの喜怒哀楽

  • 2023年06月19日

石川県のみなさんに、親しみを持って放送を楽しんでいただきたい!
「おはよう石川」朝ドラ送りでおなじみの宮崎浩輔アナウンサーは、どんな人物なのか?
宮崎アナウンサーの喜怒哀楽を松岡忠幸アナウンサーが聞きました。

宮崎さんにとっての喜びは?

大阪出身なのに、金沢局3回目で、通算18年目になろうとしています。
この、石川県で仕事ができる喜び!かな。

土地との相性は、ありますよねぇ。

まったく縁もゆかりもなかったところで、初任地・和歌山からの異動でここに来て、すごくいいところだなと思って。

新人研修時代
1回目の金沢局時代
セットに負けない派手な服装

2回目は、まったく自分の意図しないところで、
「もう1回行って」と言われて、
「ああ、もう1回行けるんだ、うれしい」と思って、6年いて。

3回目の今回は、自分の意思で行かせてほしいと。

完全に第二の故郷ですよね。

日本海側の土地と縁もゆかりもなく生きてきて。
でも、来たら、食べ物も合ったし、人も合ったし。
25歳までまったく知らなかった土地に、今はどっぷりとつかって。
しかも、金沢局は昭和5年の開局で、70周年、80周年、90周年、全部立ち会って。

すごいですね!

残るは100周年(笑)。

宮崎さんの「怒り」は何ですか?

自分自身に対しての怒りっていうのは結構あって。
関西弁で「いらち」!松岡さんも大阪局にいたからわかるでしょ?

せっかちで、イライラしがち!っていう意味ですよね。

そうそう!
それと、「気にしい」!気にしすぎ、後に引きずる。
「いらち」と「気にしい」の2つを持ってて。
子どもがなかなか言うことを聞いてくれなくて、イライラしてしまう。
そして、自分のちょっとの失敗でも、すごく尾を引いてしまう。
そんな自分に、すごく怒っています。

子育てしている時って、どんな親も多かれ少なかれ「いらち」になりますよね。
お互いがんばりましょう!

「哀」、悲しいは?

松岡さんは、「かがのとイブニング」5代目のキャスターなんですよ。

数えたことなかったです。

そして、(自分を指して)初代なんです。

宮崎さんが!?

そう。この中で誰も多分知らないと思う。

正直、僕もはじめて認識しました。
すみません!

悲しい!(笑)
「かがのとイブニング」という名前が、10年以上続くなんて思っていなかったよね。

この春、バーチャルスタジオにしたり、いろんなリニューアルをしたんですけど、やっぱり「かがのとイブニング」という名前は変えたくないという話になりましたもんね。

本当にいいタイトルだと思います。

楽しいことは何ですか?

スーパーめぐりが好きなんですよ。たとえば卵だったら、3つ見て回って、一番安いところにもう1回買いに行くとか。だから、某民放の朝の番組でスーパーに行くコーナーを見たら、あのスーパーのあの場所には何があるみたいなことが全部わかるぐらい。

私は、基本的に行きつけのスーパーしか行かないですね。
さっさと買って、さっさと帰っちゃいます。

あとは、旅行も楽しいですね。結婚する前は一人旅。
「ひるどき日本列島」っていう全国を飛び回る番組を担当していたこともあって、起きて、
「きょう、ちょっと行ってみよう」と思ったら、行けるところまでふらっと行ったり。

新潟・高田城址公園の夜桜
兼六園とはまた違う美しさ

正直、僕は家でパソコンをいじっているのが好きすぎて、旅に、お金も時間もかけたくないんです。でも、家族を持って、家族旅行というものをしなきゃいけないから、がんばってしている感じなんです。旅行って、何がそんなに楽しいんですか?

何かを見に行きたいという気持ちも、もちろんあるんだけど、むしろ目的地に行くまでの方が楽しいのかな。目的地に行くまでの時間の過ごし方とか。その行程が、普段の何かもやもやしたものを洗い流してくれるんですよね。
だから、車でも、あえて遠回りして行ってみるとか。ナビで案内される通りじゃない道から行ってみるとか。

大分・湯布院温泉のカフェ
もう1回行ってみたい!

目的地にも、さっさと着きたいです…。
買い物とか、旅行については、僕の方がよっぽど「いらち」ですね。

石川県のみなさん、宮崎浩輔アナウンサーを引き続きよろしくお願いします。

  • 宮崎浩輔

    NHK金沢 アナウンサー

    宮崎浩輔

    出身地 大阪府東大阪市
    いつも金沢放送局の番組を視聴していただき、ありがとうございます。
    「朝ドラ送り」では、関西弁や短歌を交えてみたり、ドラマ後の「あさイチ送り」をしたりと、毎回、試行錯誤しながら、20秒ほどのコメントに詰め込んでいます。
    今年度も、「らんまん」や「ブギウギ」へ、私にしかできない“送り方”に挑戦します。

  • 松岡忠幸

    NHK金沢 アナウンサー

    松岡忠幸

    出身地 長崎県長崎市
    単身赴任生活3年目に突入しました。
    毎日、基本的に三食自炊を続けています。

ページトップに戻る