ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. アニメーション映画の「背景美術」の展覧会が金沢市で開催!

アニメーション映画の「背景美術」の展覧会が金沢市で開催!

  • 2023年06月16日

6/17から展覧会が開催される谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館。 
会場には日本を代表する アニメーション映画の「背景美術」が展示されています。
                     (取材:金沢放送局 ディレクター 野尻嘉一)

伝説のSF作品の「背景美術」大集合!

「背景美術」ってナニ?

「背景美術」とはアニメのキャラクターの後ろに描かれている街などの絵のこと。
 小さな看板ひとつひとつに至るまですべて人の手で描かれています。

 

今回の展覧会では 1980 年代末から2000 年代初頭の作品の背景美術を建築の博物館ならではの視点で紹介しています。

ディレクター
「これはパトレイバーですね!」 

担当者
「そうですパトレイバーです。この作品のテーマとしてバブル期の開発へのアンチテーゼが組み込まれていますので、家がポツンと一軒だけ取り残されて後ろにはもう超高層ビルが建っている ところが描かれています」

手描きの背景美術ならではの映像表現も!

ディレクター
「こちらはAKIRAで使用された背景美術ですね。
 ほかのやつと比べてこの背景美術は縦に長いですが何でですか?」

 担当者
「当時のアニメーションの撮影の方法ってカメラを下から上にこうやって動かして撮っていくんです」

 ディレクター
「へ~ここからカメラ自体を上に動かして撮影するってことですか」

 担当者
「そうです、そうです、その通りです」

ディレクター
「確かにこのシーンをAKIRAの冒頭で見ました!」

制作当時の貴重な資料も展示

ロケハン時の写真
ロケハン時の写真
ロケハンを元に描かれた背景美術

ほかにも見どころがたくさん!

(谷口吉郎・吉生記念金沢建築館  髙木愛子さん)
「建築だったら設計はCAD(設計をデジタルで行うソフトウェア)に変わってきていますが、アニメーションもCGに変わってきています。今回は、手描き時代の最高峰の作品群が集まっていますので 貴重だと思いますし、ひとつの美術作品としてじっくりご堪能いただきたいです」

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館   企画展「アニメ背景美術に描かれた都市」
 令和5年6月17日(土)~令和5年11月19日(日)
 開館時間:9:30~17:00(入館は 16:30 まで) 休 館 日:月曜日(祝日は開館)

 

ページトップに戻る