ページの本文へ

NHK金沢・石川WEBノート

  1. NHK金沢
  2. 金沢・石川WEBノート
  3. 宇宙人!?校歌に込められた思いとは?金沢市立朝霧台小学校

宇宙人!?校歌に込められた思いとは?金沢市立朝霧台小学校

  • 2023年04月14日

北陸3県の記者やディレクターが気になるニュースを追うコーナー「気になる!」。
今回は、4月に金沢市内に新たに開校した小学校の校歌です。
新しい校歌は、どのような思いで作られたのでしょうか。
(記者 山﨑里菜)

金沢市立朝霧台小学校

宅地開発などによる人口増加を受けて、金沢市内に開校した市立朝霧台小学校。
地域の児童数が増えて、田上小学校から分離する形で開設されました。
統合を除いて、金沢市に公立の小学校が新設されるのは16年ぶりです。

ピカピカの体育館での始業式

7日、真新しい体育館で始業式が行われました。
全校児童は約580人。
この日は、2年生から6年生までの子どもたちが出席しました。

校歌

始業式で子どもたちが歌ったのは、小学校の開校とともに作られた新しい校歌。

「住まいはどこ?と聞かれたら
 金沢市って答えよう
 世界中の人たちは
 きっとうらやましがるだろう」

3番まである校歌には、ふるさと「金沢」や
学校がある朝霧台の風景が、歌詞として度々登場します。

さらによく聞いてみると・・・

「なりたいものを聞かれたら
 宇宙人って答えよう
 大丈夫だよとほほえんで
 力づけてくれるだろう」

宇宙人!?
校歌としてはユニークな歌詞が並んでいます。

ユニークな歌詞!?

新しい校歌について、子どもたちは・・・

【朝霧台小学校の子どもたち】
「『宇宙人』とかいろんなおもしろい言葉が入っていて、すごいなと思いました。」
「楽しいようなリズムだったので、歌っていて楽しかったです。」
「おもしろい歌詞が多いので楽しく歌えるなと思いました。」

【朝霧台小学校の子どもたち】
「すごく元気な感じで、おもしろい言葉がいっぱい入っていました。」
「『宇宙人』とかすごくおもしろいなと思いました。」
「めずらしい歌詞があって楽しい曲だなと思いました。」

校長先生は・・・

【朝霧台小学校の校長先生】
「私も初めて聞いたときは、正直驚きました。
 曲調もそうですが、歌詞がとても変わっているなと思いました。」
「でも1週間何度も聞き続けているうちに、不思議と愛着が湧いてきまして、
 子どもの声が入るとずいぶん色や味付けが変わってくるなと。」
「これからどんな風に朝霧の校歌に育っていくのかなと楽しみにしています。」

校歌に込められた思いとは?

校歌を作詞作曲したのは、テレビなどでもおなじみの作曲家の青島広志さん。
どのように校歌は作られたのでしょうか。直撃しました。

記者

歌詞の『宇宙人』にはどのような思いが込められているのでしょうか?

青島さん

この学校は、何百年もきっと栄えていくのでしょう。
私は小さい頃に手塚先生(※塚は点がある塚)の漫画を読んだときに、死ぬ前に自分は宇宙旅行に行けると思っていたの。でも行けませんでした。ですが、今のお子さんたちは絶対行けるようになるんですよ。だから、宇宙規模で話を考えたいと思って、『宇宙人』って書いたの。
例えば、どこかの星の人が来ても、その人と結婚しちゃってもいいとか、その人と一緒に仕事をしても何とか上手くいくような心の広い人になってほしい。
(将来的に)宇宙規模でモノを考え合える人っていうことですよね。

「もしも遠くにはなれても
 友だちとは通信してみよう
 明けの明星に朝霧が
 だから朝霧台小学校」

学びやのスタートとともに作られた新しい校歌。
これから何年も歌い継がれていきます。

  • 山﨑里菜

    NHK金沢 記者

    山﨑里菜

    2022年入局
    名古屋放送局での勤務を経て今年から金沢放送局で事件・事故の取材を担当

ページトップに戻る