• あらすじ
  • キャスト
  • ロケ地マップ
  • 360°曳山
  • スタッフブログ

キャスト

大西統眞

大西統眞

小松市八代町に住む小学校6年生。愛称は「カブキくん」。近所でも有名な歌舞伎の大ファンで、歌舞伎グッズのコレクターでもある。今年、八代町が上演する子供歌舞伎で「勧進帳」の主役・弁慶に抜擢され、やる気に満ちている。実家は江戸時代から続く老舗和菓子屋「安宅堂」。母親の仁美に女手一つで育てられたが、会ったことのない父親の存在が気になっている。

大西 統眞(おおにし とうま)

大河ドラマ『花燃ゆ』(小田村久米次郎役)、ミュージカル『忍たま乱太郎』第6弾(猪名寺乱太郎役)、 『レ・ミゼラブル』(ガブローシュ役)など。

戸次重幸

戸次重幸

振付師の仕事をする元ダンサー。ダンスに明け暮れていた20代の頃、東京で智樹の母・仁美と出会う。しかし、ふたりの関係は長くは続かず、突然、仁美が勇一のもとを去る。時は流れ、ひょんなことから「安宅堂」の7代目・仁美を取り上げた記事を目にする。「記事に写っている少年は…自分の子供ではないだろうか…??」。真相を知りたいと、勇一が小松にやってきて…。

戸次 重幸(とつぎ しげゆき)

演劇ユニット『TEAM NACS』メンバー。舞台、映画、ドラマ、バラエティー番組などを中心に全国的に活動中。

西田尚美

西田尚美

智樹の母。「安宅堂」の7代目を務めながら、智樹を女手一つで育ててきた芯の強い女性。小松で育った仁美は、30年前に役者として子供歌舞伎の舞台に立った。かつて東京で付き合っていた勇一のことは誰にも話していない。

西田 尚美(にしだ なおみ)

『水族館ガール』『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)など。

篠井英介

篠井英介

子供たちに歌舞伎の稽古をつける師匠で、町にとっては欠かせない存在。ことしは八代町の子供たちに「勧進帳」の稽古をつけていたが、突然、急性の胃腸炎となり、1か月も入院してしまうことになる。

篠井 英介(ささい えいすけ)  石川県出身

連続テレビ小説『まれ』(蔵本浩一役)。日本舞踊 宗家藤間流師範・藤間勘智英の名を持つ。石川県観光大使。

鹿賀丈史

鹿賀丈史

智樹の祖父。「安宅堂」の6代目。妻を若い頃に亡くし、男手一つで仁美を育てた。仁美の生き方を尊重しており、13年前、子供を身籠った仁美が突然小松に帰ってきたときも、事情は聞かずに優しく見守った。孫の智樹にとっては父親代わり。かつては子供歌舞伎を取り仕切る町の役員「五人衆」も経験し、町の人たちからは一目置かれる存在。

鹿賀 丈史(かが たけし)  石川県出身

1973年、劇団四季のロックオペラ『イエス・キリスト=スーパースター』で初舞台を踏む。映画『悪霊島』や大河ドラマ『徳川家康』・『西郷どん』など、話題作品に数多く出演する実力派俳優。

pagetop