ページの本文へ

  1. トップページ
  2. かがのとイブニング
  3. 金沢発「おくりいえ」をドラマ化!

金沢発「おくりいえ」をドラマ化!

執筆者のアイコン画像ことじろう
2022年07月01日 (金)

SDGsミニドラマを金沢局で制作しました。
題材としたのは「おくりいえ」という住む人がいなくなった町家を
最後に掃除して清める活動。
2009年に金沢で始まった取り組みなんです!

miniokuriie.png

参加者は全員ボランティア。
コロナ禍前は、地域の人だけでなく県外からの参加者も多かったそうです。

「おくりいえ」には家の最後を「見送る」と家を次の持ち主に引き渡す「贈る」
の二つの意味が込められています。
今では次の持ち主が見つかり「贈る」ことが多くなりました。

掃除している中で、お気に入りのものがあったら
持ち帰って大切に使うこともできます。

okuriesmonoerabi.jpg

これまで、50軒以上の家で「おくりいえ」が実施されました。
そして、ドラマの撮影も「おくりいえ」された町家で行いました!

regaikan.jpg 舞台となった町家は昭和7年(1932年)に建築された元染め物屋さん。

2011年に「おくりいえ」され、
現在はコワーキングスペースなどとして使用されています。

さらに「おくりいえ」に参加している地元の方にも出演いただきました!

minishooting.png

1軒1軒、みんなで掃除し残してくことで、
建物だけでなく、その家が培ってきた歴史や文化も未来に引き継がれると聞き、
その思いを物語に込めました。

【あらすじ】
江戸時代の城下町の景観を残す金沢。
少年・颯太(志村瑛多)は空き家となった町家を掃除し
次の持ち主へつなぐ「おくりいえ」の活動にきたが、手伝わず1人遊んでいた。
そんな中、迷い込んだ蔵の中で待ち受けていたのは…。
少年の不思議な体験を通して、
町家を未来に紡いでいく大切さを描いたファンタジックな物語。

【登場人物】

minichakara.png作中に「絵」が登場するのですが…
「君は放課後インソムニア」の作者・オジロマコトさんに

描いていただきました。

20220701_084007760_iOS.jpg 【出演】颯太:志村瑛多/ 青年:一ノ瀬颯/ 遥:美緑トモハル/

おくりいえ つなぎ隊のみなさん

【作画】オジロマコト

【放送予定】NHK総合7月24日(日) 午前5時12分~
                                                      午前11時17分~

 短いドラマですが、楽しんでいただけたら嬉しいです!

regroup.jpg

この記事に関連するタグ

最新の記事