ページの本文へ

  1. トップページ
  2. かがのとイブニング
  3. 金箔に特化した工芸館で発見!金箔(きんぱく)のミカタ

金箔に特化した工芸館で発見!金箔(きんぱく)のミカタ

執筆者のアイコン画像ともにつくるプロジェクト広報担当
2022年06月09日 (木)

 

NHK金沢放送局は「工芸をもっと身近に」をテーマに、県内各地の工芸施設と
職人の皆さんの技の魅力を発信していきます。

kougei1.jpg

今回訪れたのは金沢の伝統産業・金箔(きんぱく)専門の工芸館、金沢市立安江金箔工芸館。

kougei2.jpg

館内にはおよそ300点の作品が収蔵されていて、様々な技法で作られた工芸品が展示されています。

kougei3.jpg
こちらは截金(きりかね)という技法で金箔を貼り付けた十一面観音像。

膝のあたりをよく見てみると…

kougei4.jpg
金箔の模様を見ることができます。

実はこれ、十一面観音像がつくられた当初の模様が残っているんです。
館長の川上明孝さんによると、鎌倉~室町時代に作られたそうです。

kougei5.jpg
こちらのガラス工芸。表面のガラスの中に金箔が閉じ込められています。

kougei6.jpg

透明なガラスの中に金箔が映える、独特な美しさを楽しむことができます。

kougei7.jpg
館内では金箔の歴史や昔ながらの製造方法も展示されています。

kougei8.png

また、館内でアプリをダウンロードすると、金箔製造の詳しい解説動画を見ることができます。

kougei9.jpg

館長の川上明孝さん
「安江金箔工芸館は世界にもあまり例のない、金箔に特化した、金箔だけをみせる美術館です。金箔がどのように作られ、応用されているのかをぜひ見に来ていただけるとうれしいです。」


kougei10.jpg

ひがし茶屋街からも歩いて行ける場所。

ぜひみなさんも足を運び、金箔の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 施設情報 
金沢市立安江金箔工芸館
〒920-0831 金沢市東山1-3-10
TEL:076-251-8950
開館 午前9時30分~午後5時
定休日 火曜日(祝日の場合は翌平日)
※最新の情報は工芸館のホームページをご確認ください。

 

 

この記事に関連するタグ

最新の記事