あらすじ

12亀の前事件

放送予定

2022年327日(日)

  • 午後8時~
  • 午後6時~

再放送

  • 2022年4月2日(土)午後1時05分~

ネタバレ注意あらすじを読む

北条義時(小栗旬)から父・伊東祐親(浅野和之)と兄・祐清(竹財輝之助)の死を告げられ、憤る八重(新垣結衣)義時八重をいさめ、源頼朝(大泉洋)から与えられた江間へと八重を送る。政子(小池栄子)が懐妊し頼朝の嫡男誕生への期待が高まる中、比企能員(佐藤二朗)比企尼(草笛光子)を伴い鎌倉に出仕。さらに、三善康信(小林隆)から推挙された官僚・大江広元(栗原英雄)らが都から下向し、新たな関係が動き出す……

閉じる

放送予定

2022年327日(日)

  • 午後8時~
  • 午後6時~

再放送

  • 2022年4月2日(土)午後1時05分~

第12回

解説

放送前に出来事や背景などをかいつまんで説明する“前説”

【監修】時代考証・木下 竜馬

鎌倉殿の誕生

治承4年(1180)12月12日、源頼朝は仮の住居から新たな御所の寝殿に入る「移徙いしの儀」を行いました。鎌倉入り直後から大倉郷に造営を開始した御所は12月に入って完成しており、この日は、坂東武者たちを従えてあらためて「移徙」、つまり、新邸に移るという儀式を挙行したのです。
そして、続いて行ったのが「着到の儀」。御所の西に造営した侍所に移動し、前月11月17日に軍事長官にあたる侍所別当に任じられた和田義盛が、頼朝の御前で「着到」、つまり、出仕した坂東武者たちの名前を記録していきました。
『吾妻鏡』の同日条には、「御家人ら同じく宿館を構ふ。自爾以降それよりこのかた、東国皆その道あるを見、推して鎌倉の主となす」と続けています。かくして頼朝は鎌倉のあるじ鎌倉殿」となり、坂東武者たちは「鎌倉殿」を主君とする従者「御家人」となりました。

略年譜

物語をたどる

  • 治承4年(1180)

  • 12月、源頼朝、御所に移徙の儀、侍所で着到の儀を経て鎌倉殿となる。

  • 平清盛後白河法皇の幽閉をとく。

  • 平清盛の五男・重衡が東大寺と興福寺を焼き討ちする。

  • 治承5年/養和元年(1181)

  • 閏2月、平清盛、死去。

  • 3月、墨俣川の戦いで源行家が敗走。

  • 第12回「亀の前事件」

    2022年3月27日(日)放送

フォトギャラリー

クリックすると拡大します

キービジュアル

クリックすると拡大します

コメント

役柄への思いや撮影時のエピソードをご紹介します

あらすじ

これまでの放送をご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します