特集

TALK 2022.09.07

あたりさわりのない話 #10 PRディレクター/水ノ江知丈

NHKアート美術進行の峯岸伸行とかつてAPだった岸本麻衣が聞き手となって、制作現場で働くさまざまなスタッフに、仕事上での役割やおもしろいポイント(またはグチ)など、ドラマにまつわること&あまり関係のないことをざっくばらんにお話ししてもらうゆるやかな音声コンテンツ。

今回のゲスト:
PRディレクター 水ノ江知丈 (みずのえ・ともたけ)

00:00〜 43分の本編を30秒で物語る

水ノ江さんが主につくっているのは、日曜よる8時の本放送直前に流れる30秒PR。公式ホームページでは「あらすじ」から各回の30秒PRを視聴することができる。なお、本編の最後についている次回予告は、編集スタッフと助監督チームがつくっている。

01:58〜 目を引くテロップ

映画の予告を意識しているという30秒PRでは、内容が瞬時に伝わるよう、テロップのサイズもかなり大きめになっている。さらにテロップの配置やモーションの設定にも、水ノ江さんならではの工夫が随所に見られる。

第35回「苦いさかずき」より

04:05〜 映像と音楽の比重は50:50

劇伴げきばん…テレビドラマや映画、アニメなどの映像作品ごとにつくられるオリジナル楽曲のこと。大河ドラマの劇伴は1シリーズで100〜200曲にもおよぶ。ちなみに「あたりさわりのない話」のオープニングとエンディングで流れる劇伴のタイトルは「伊豆の郷」。

05:27〜 ふだん参考にしているもの

縦に割れた「鎌倉、分裂。」の文字が、上下にスライドするモーションをつけている。

第26回「悲しむ前に」より

06:15〜 気合いが入りすぎたPR回

特集

新着の特集をご紹介します