特集

TALK 2022.08.03

あたりさわりのない話 #8 制作統括/清水拓哉

NHKアート美術進行の峯岸伸行とかつてAPだった岸本麻衣が聞き手となって、制作現場で働くさまざまなスタッフに、仕事上での役割やおもしろいポイント(またはグチ)など、ドラマにまつわること&あまり関係のないことをざっくばらんにお話ししてもらうゆるやかな音声コンテンツ。

今回のゲスト:
制作統括 清水拓哉 (しみず・たくや)

00:00〜 人集めが一番の仕事

00:56〜 台本づくり、予算計画、編集試写も重要な仕事

決定稿けっていこう … NHKドラマの台本は、白本→青本→決定稿の順番で完成していく。白本、青本はその名の通り、表紙が白色、青色をしている。

02:10〜 “予測不能エンターテインメント”を描く

「真田丸」第8回「調略」… 史実をわかっていたうえでなお驚かされたという台本の箇所。

04:43〜 楽しんでもらうために考えること

吾妻鏡あずまかがみ』…鎌倉幕府が自ら編纂へんさんした公式歴史書。日本中世史研究の基本的史料。本ホームページでは、史書に残るエピソードをドラマの進捗と合わせて紹介している。

平家物語へいけものがたり』…合戦を主題とした叙事文学である軍記物語の代表的作品。歴史的史料としても利用されるが、物語であるだけに劇的な創作も多い。

特集

新着の特集をご紹介します