特集

MOVIE 2022.06.19

第24回より 丹後局役・鈴木京香さん

政子との対面シーンで意識されたことはありますか。

後白河法皇が亡くなったあとですから、愛妾あいしょうとしてそばにいた私にとっても後ろ盾がないわけですよね。自分自身の苦労もあるし、対女性のときにはとにかくお手本を見せなきゃいけないって気負いもあると思うんです。法皇様と一緒にいられたときとは厳しさも違うだろうと思いますし、剃髪ていはつしたあとというのは誰でも生まれかわったような気持ちでいると思うので、堂々としていないといけない。対面シーンではたくさんのことを気にしながら演じました。自分に自信を持って、自由に振る舞っていいと思ったうえでの振る舞いですから、口調は本当にいじわるでした! その中に少し、同じ女性として「しっかりやりなさい」という気持ちを込めてやったつもりなんです(笑)。

特集

新着の特集をご紹介します