特集

「鎌倉殿の13人」の関連用語を調べる

  • 西海道(さいかいどう)

  • 在庁官人(ざいちょうかんじん)

    国司の役所である国衙で、行政の実務を担当した役人のこと。地域における有力者。

  • 相模(さがみ)

    相模の国。現在の神奈川県(北東部を除く)に相当する地域。

  • 薩摩(さつま)

    薩摩の国。現在の鹿児島県西部に相当する地域。

  • 佐渡(さど)

    佐渡の国。現在の新潟県佐渡市(佐渡島)に相当する地域。

  • 讃岐(さぬき)

    讃岐の国。現在の香川県に相当する地域。

  • (さむらい)

    武器をもって近侍する者。六位以下の下級貴族。

  • 侍所(さむらいどころ)

    貴族に仕えて宿直警衛にあたる武士の詰め所。御家人を統制する軍事機関。
    ●NHK for School「鎌倉幕府の仕組み」

  • 山陰道(さんいんどう)

  • 三種の神器(さんしゅのじんぎ)

    皇位の象徴。八咫鏡(やたのかがみ)。八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、草薙剣、くさなぎのつるぎともいう)の三種のこと。

  • 山陽道(さんようどう)

  • 参籠(さんろう)

    神社や仏閣などに参り、ある期間こもって祈願すること。

  • 地下人(じげびと)

    宮中の内裏清涼殿の殿上間(てんじょうのま)に昇ること(昇殿)を許されない人。

  • 鹿ヶ谷事件(ししがたにじけん)

    安元3年(1177)5月、後白河法皇の近臣が京都東山鹿ヶ谷にある山荘で、平家打倒の謀議を巡らせた事件。6月に多田行綱の密告で露見し、藤原成親、西光、俊寛らが処罰された。

  • 除書(じしょ)

    辞令。

  • 辞世(じせい)

    亡くなる前にのこす詩や和歌など。

  • 七道(しちどう)

  • 執権(しっけん)

  • 執事(しつじ)

    長官。

  • 地頭(じとう)

    鎌倉幕府・室町幕府が荘園国衙領(公領)を管理支配するために設置した職。土地の管理、徴税、年貢の徴収と納入、警察活動を主な職務とした。一国内に数名、多い国では数十名いた。
    ●NHK for School「鎌倉幕府の仕組み」

  • 信濃(しなの)

    信濃の国。現在の長野県に相当する地域。

  • 志摩(しま)

    志摩の国。現在の三重県東部(志摩半島東端)に相当する地域。

  • 下総(しもうさ)

    下総の国。現在の千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東辺、東京都東辺に相当する地域。

  • 除目(じもく)

    官職を任命する朝廷の儀式。

  • 下野(しもつけ)

    下野の国。現在の栃木県に相当する地域。

  • 守護(しゅご)

    鎌倉幕府・室町幕府が置いた武家の職。国単位で設置された軍事指揮官・行政官。一国にひとりずつ置かれるのが基本。
    ●NHK for School「鎌倉幕府の仕組み」

  • 荘園(しょうえん)

    中央の公家や寺社、武家といった権門・貴族が所有した私有地。

  • 荘官(しょうかん)

    荘園の管理者。

  • 相国(しょうこく)

    太政大臣、または、左大臣・右大臣の唐名(とうみょう/中国風の言い方)。

  • 上棟の儀(じょうとうのぎ)

    上棟は棟上げともいい、柱・梁(はり)などを組み立て、棟木を上げる儀式。

  • 上北面(じょうほくめん)

    北面の武士のうち、四位または五位の者。

  • 所司(しょし)

    次官。

  • 諸大夫(しょだいふ)

    四、五位の中流貴族。
    ●NHK for School「貴族のくらし」

  • 『新古今和歌集』(しんこきんわかしゅう)

    後鳥羽上皇が編纂させた勅撰和歌集。全20巻。藤原定家らが撰し、元久2年(1205)に成立した。仮名序・真名序があり、歌数はおよそ2000首。

  • 陣定(じんのさだめ)

    内裏の近衛陣座で開かれる公卿会議。

  • 周防(すおう)

    周防の国。現在の山口県東南半分に相当する地域。

  • 受領(ずりょう)

    任命された国に自ら下った国司の最高責任者。多くは国守を指すが、親王が守になる慣例のある国では介のことを指して受領といった。

  • 駿河(するが)

    駿河の国。現在の静岡県中部、北東部に相当する地域。

  • 清涼殿(せいりょうでん)

    内裏における殿舎のひとつ。
    ●NHK for School「寝殿造り」

  • 勢子(せこ)

    狩猟の補助者。

  • 摂津(せっつ)

    摂津の国。現在の大阪府北中部の大半と兵庫県南東部に相当する地域。

  • 前九年合戦(ぜんくねんかっせん)

    永承6年(1051)~康平5年(1062)に奥羽で起きた内乱。源頼朝の先祖である陸奥守兼鎮守府将軍の源頼義が安倍頼時・貞任らと戦い、鎮圧した。

  • 宣旨(せんじ)

    天皇の命令を伝える文書の一種。

  • 践祚(せんそ)

    皇位の継承。

  • 雑色(ぞうしき)

    雑務をこなす身分の低いもの。

  • 惣追捕使(そうついぶし)

    守護の前身。

  • 『曾我物語』(そがものがたり)

    建久4年(1193)に駿河富士野で起きた曽我兄弟の敵討ちを描いた軍記物語。鎌倉末期成立の「真名本」と、南北朝・室町期成立の「仮名本」がある。

特集

新着の特集をご紹介します