特集

「鎌倉殿の13人」の関連用語を調べる

  • 安芸(あき)

    安芸の国。現在の広島県西部に相当する地域。

  • 『吾妻鏡』(あずまかがみ)

    治承4年(1180)の以仁王の乱から、文永3年(1266)の宗尊親王京都送還までの鎌倉幕府の歴史を記した編纂物。13世紀末に北条氏と関係深い幕府関係者が編纂したとされる。

  • 安房(あわ)

    安房の国。現在の千葉県南部に相当する地域。

  • 阿波(あわ)

    阿波の国。現在の徳島県に相当する地域。

  • 淡路(あわじ)

    淡路の国。現在の兵庫県淡路島・沼島に相当する地域。

  • 伊賀(いが)

    伊賀の国。現在の三重県西部(伊賀市・名張市)に相当する地域。

  • 五十日・百日の儀(いか・ももかのぎ)

    生後50日目、100日目に行われる祝いの儀式。赤子の口に祝いの餅を含ませた。

  • 壱岐(いき)

    壱岐の国。現在の長崎県壱岐市(壱岐島)に相当する地域。

  • 伊豆(いず)

    伊豆の国。現在の静岡県伊豆半島、東京都伊豆諸島に相当する地域。

  • 伊豆権現(いずごんげん)

    静岡県熱海市伊豆山に鎮座する神社。祭神は伊豆山神。東国の衆庶の崇拝を集め、源頼朝も保護した。伊豆山神社ともいわれる。

  • 和泉(いずみ)

    和泉の国。現在の大阪府南部に相当する地域。

  • 出雲(いずも)

    出雲の国。現在の島根県東部に相当する地域。

  • 伊勢(いせ)

    伊勢の国。現在の三重県北中部に相当する地域。

  • 一門(いちもん)

    家族、または、同系統の一族のこと。

  • 因幡(いなば)

    因幡の国。現在の鳥取県東部に相当する地域。

  • 『猪隈関白記』(いのくまかんぱくき)

    近衛家実の日記。建久8年(1197)~建保5年(1217)の記事が伝存している。『続御暦』ともいう。

  • 今様(いまよう)

    民衆の流行歌謡。

  • 伊予(いよ)

    伊予の国。現在の愛媛県に相当する地域。

  • 石見(いわみ)

    石見の国。現在の島根県西部に相当する地域。

  • 院御所(いんごしょ)

    上皇の住居としての御殿。
    ●NHK for School「寝殿造り」

  • 院政(いんせい)

    天皇が皇位を後継者に譲り、上皇となって政務を天皇に代わり行う政治形態のこと。上皇は院と呼ばれたので院政という。

  • 院宣(いんぜん)

    院の命令を受けて出す文書。

  • 院近臣(いんのきんしん)

    中級貴族の家柄に属し、院の側近となる廷臣。

  • 院北面(いんのほくめん)

    院の側近。次第に武士が多くなる。

  • 請所(うけしょ)

    荘園公領において地頭、名主などが一定額の年貢納入を請け負い、代わりに荘園管理をゆだねられる制度。

  • 討死(うちじに)

    戦場で戦って死ぬこと。

  • 内昇殿(うちのしょうでん)

    宮中の内裏清涼殿の殿上の間に昇ること。

  • (うるう)

    暦の調整で2度繰り返す月のこと。

  • 越後(えちご)

    越後の国。現在の新潟県の佐渡を除く全域に相当する地域。

  • 越前(えちぜん)

    越前の国。現在の福井県嶺北地方(岐阜県北西部含む)と敦賀市に相当する地域。

  • 越中(えっちゅう)

    越中の国。現在の富山県に相当する地域。

  • 衛府(えふ)

    宮門の警護を司る役所。

  • 烏帽子(えぼし)

    元服した男子が用いたかぶりもの。

  • 烏帽子親(えぼしおや)

    男子の元服の際に、仮親となり烏帽子をかぶせる人。

  • 近江(おうみ)

    近江の国。現在の滋賀県に相当する地域。

  • 大隅(おおすみ)

    大隅の国。現在の鹿児島県東部・奄美群島に相当する地域。

  • 大田文(おおたぶみ)

    各国の荘園公領の田地面積・領有関係などを記した文書。図田帳・田数目録ともいう。

  • 大番役(おおばんやく)

    内裏・院の御所や京都市中の警固役。

  • 隠岐(おき)

    隠岐の国。現在の島根県隠岐郡(隠岐諸島)に相当する地域。

  • 置文(おきぶみ)

    将来にわたって守るべき訓戒、所領配分などを記した遺書に類する文書。

  • 尾張(おわり)

    尾張の国。現在の愛知県西部に相当する地域。

特集

新着の特集をご紹介します