特集

INTERVIEW 2022.07.31

三浦義澄役・佐藤B作さんインタビュー

~“北条あっての三浦”と思い続けて~

放送をご覧になった感想はいかがですか。

おもしろいですね。とはいえ自分の出演シーンはあんまりちゃんと見ていませんが…。少し時間がたてば普通に見られますが、当時現場で自分がどういう状態だったかを思い出してしまって。OKが出ているんだから堂々と見ればいいのにね(笑)、反省ばかりしてしまいます。以前もお話しさせていただきましたが、三谷くんの作品は台本の時点でとてもおもしろいので、読んでおもしろいものを映像化したときにきちんと表現できるのかというのがプレッシャーなんですよ。しかも今回は時政と共におもしろいシーンをたくさん担当させてもらったので余計に。義澄の最期のシーンも、彼が老衰なのは史実なのだろうけど、そこに時政との仲の良さが見えるように発想していくっていうのが三谷くんのおもしろさだし、すごいなと思いますね。

義澄は、「三浦は北条を支える立場」というスタンスでずっと歩んでいたのでしょうか。

そうですね。時政のためなら命を捨ててもいいと思っていたんじゃないですかね。時政とはすごく仲が良くて、危ないことがあれば意見をしてあげたりもするけど、“北条あっての三浦”だってことはずっと忘れていなかったと思います。なので、北条の立場が上がっていくことに対して嫉妬とかではなく、応援する気持ちが強かったんじゃないかなって。「自分にはできないことを時政がやってくれている」みたいな思いだったように感じます。

頼朝亡きあと、若くして鎌倉殿となった頼家のことはどう思っていましたか。演じる金子大地さんの印象も教えてください。

ちょっと危ない将軍だなという思いはありましたね。トップに立つには若すぎるし、人間的にもまだ未熟だっていう不安を感じているような気がしました。しかも、女性好きなところも含めて頼朝の良くないところをだいぶ継いでしまっていますよね(笑)。まだ頼朝は反省したりすることがあったと思うんだけど、頼家はまだまだ大人になっていないというか、お父さんに負けないような鎌倉殿になろうという気持ちばかりが先行している気がしますね。でも義澄としては、後継ぎだと決められたからにはついていかざるを得ないみたいなことなのかなと。
金子大地くんは以前舞台で共演させていただきましたが、そのとき以上にすてきな俳優さんになられているなぁと感じました。頼家のダメな感じを見事に演じていてすごいですよね。しかも彼は顔立ちもいいし、あの端正さで芝居もいいなんて恐ろしいなと思います(笑)。

13人の宿老による政治には半ば強引に引きずり込まれた感じでしたが、どういうポジションで参加しようと思っていたと思いますか。

ややこしいことは苦手ですが、時政に頼まれたら「わかった」って言うしかないですよね…。なので会議のときは「時政と一緒のことに手をあげていこう」みたいな感じで、自分の意見はほとんどなかったんじゃないですかね(笑)。時政のために入ったような感じですから、目立った意見を言うつもりなんてこれっぽっちもないんじゃないかと(笑)。だからこそ息子(義村)にも一瞬声をかけたんですけどね。息子のほうが自分よりしっかりしていると義澄はわかっているし、いてくれたほうがいろいろ意見を言って助けてくれるだろうという気持ちがあったんだと思います。

親子のシーンで印象に残っている場面はありますか。また、義村役の山本耕史さんとは現場でどのようなお話をされましたか。

難しいと思ったのは、第17回で、源義高と何か関係しているであろう義村を怒るところかなぁ。「頼朝を軽く見ちゃダメだ!」という思いがどうしたらちゃんと伝わるかっていうのを考えましたね。やっぱりいつ自分の首が飛ぶかわからない怖さのある時代なので、ただ強く言うだけじゃないだろうなと思ったんですよ。家を守るため、そして何より義村の命を守るためですから。三浦家がダメになるということは、要するに息子がダメになるということなので、「世の中をもっとちゃんと見なさい」って伝えたかったんじゃないかなと。義澄の父親らしさが見えたシーンだったような気がします。

耕史くんとはずっと「飲みに行こうね」と話しているのに結局行けずにいるんですよね。特に親子役をやるときはごはんを食べに行ったりしたほうが距離が近くなるから行きたかったけど、ご時世的に難しくて…。そうしたら、クランクアップのときにお酒をいただきました。その日の自分の出番は終わっていたのにわざわざ買って戻ってきてくれて、なんだか申し訳ないですが(笑)、うれしかったです。彼も本当にすてきな青年で、しっかりしていてすごい俳優さんだなと思います。

もうひとり身近な親族として登場している和田義盛のことはどう見えていましたか。

彼はとても一直線ないい男ではあるんだけど、間違いを犯しやすい男だなと思いますね。だからこちらがいいようにコントロールしていかないと、敵に回すとめんどくさいだろうなって(笑)。うちの息子とはちょっと違いますよね。義村はクレバーだと思うんだけど、義盛ちょ突猛進的な、腕に頼るタイプな気がします。まぁでも、心根はいいですから、そこは三浦の流れなんじゃないかな(笑)。

三浦義澄として生きた時間は、どのようなものになりましたか。

お話をいただいたときはうれしかったし、一生懸命乗馬の練習をしたりして、気持ちを入れて取り組んだ仕事のひとつになりました。大河ドラマに出演させていただくということは、やっぱり役者冥利みょうりに尽きる光栄なことだなと思います。舞台で地方に行ったときや、近所の人に「義澄殿、ドラマ見てますよ!」と話しかけてもらえるようになって、大河ドラマの影響力のすごさを改めて実感しています。うれしいですね。出演できるというだけでもありがたいことだけど、「おもしろいなぁ」と思えるシーンに自分が絡んでいるなんて幸せですよね。今回はピリピリした雰囲気の多いドラマでしたが、その中で時政との楽しい2人の友情はたくさん描いていただいたと思うし、本音を言えばもっともっと出たかったけど(笑)、すごく楽しかったです。

特集

新着の特集をご紹介します