特集

INTERVIEW 2022.07.17

北条義時役・小栗旬さんインタビュー

~頼家政権のための“交通整理”を~

このドラマで描かれる“源頼朝の死”というものは、義時にとって、そして小栗旬さんにとってどのような出来事になりましたか。

義時としては心にポッカリと穴が開いた状態ですね。やっぱり頼朝との出会いはものすごく大きかったし、誠実に向き合ってきた結果、ある意味右腕のように使っていただいて、いろんなことを経験してきたので…。撮影のときに大泉さんとも「始まりのころから考えると、思えば遠くに来たって感じですよね」なんて話をしたり(笑)。

鎌倉幕府ができあがってから義時は、采配を振る人間の秘書みたいな形で動いていたので、その人がいなくなったときに「自分の仕事は全部終わった」と思い、伊豆に帰ってのんびり暮らそうかなと思う気持ちはよくわかるなぁと思います。
現場的なことで言ってももちろんさみしいですが、それは経ていかないといけないことだなと思いますし、撮影を重ねるごとに巡り合う出演者の方々の色も変わっていくのがひとつの醍醐だいご味だとも思っています。前半よりも後半は多少のリーダーシップを見せていくべきなのかなとも思っていますね。

いよいよ13人の宿老による政治が始動します。義時は図らずもメンバーに入ることになってしまいましたが、頼家政権で自分はどう振る舞っていこうと考えていたと思いますか。

“交通整理”じゃないですけど、彼の中にあるのは、頼朝の言っていた「一人に大きな力を持たせてしまうと、バランスが崩れる」という教えだと思うんですよね。だから、その交通整理をザザザっとすることは、次の鎌倉殿である頼家が政権を作っていくうえで役に立つだろうと考えているんだと思います。その作業をして自分はいなくなろうと思っている節もある。特にそれが心情として出ていたのが、第24回で義村と酒を飲みながら語り合う場面で、義村が「隠居しようと思っている」って話したら義時が「お前はいつも、俺の一歩先を歩いているな」って返す。このセリフは本音で、「さっさとそうなりたい」と思っているところがあるんですよね。早く伊豆に戻って、「米の採れ高とかに目を配って過ごしたい」「誰が強い、誰を殺すみたいな場から離れたくてしょうがない」ということなんだと思います。
ありがたいことにちゃんとみんなと向き合ってきたおかげで、そんなに嫌われていないところが彼の強みでもあると思うので、とにかく今できる交通整理をして離れようと思っていたんですけどね。

これからさらに派閥争いが強くなっていく中で、義時が信頼している人というのは誰になるのでしょうか。

義村じゃないですかね。先ほども話したように彼はいつも自分より先を行っているし、先を見ているし、頼りになる。「困ったら何か解決策を出してくれる幼なじみ」という感じなので、義村には結構頼りっきりな部分があります。相当信頼しているんですよね。だから、もし彼に裏切られたりしたらかなりのショックを感じるんじゃないかと…。
あとは重忠なのかなぁ。誠実な人だし、自分の前に現れるときのりんとした感じとか。彼の悪い部分をほぼ知らないっていう点も多分大きいと思います。
本当に信頼をしているのは、この2人なのではないかと今は思っています。

息子・頼時(金剛)はどのような存在だと思いますか。演じる坂口健太郎さんの印象も教えてください。

金剛、最初は本当に小さかったんですよ。それが突然あんなに大きくなって、なかなか複雑な心境なんですけど(笑)、坂口さんがものすごくフレッシュな気持ちで存在してくれているので、「新しい風が入ってきた」っていう感じはしています。どうしても親目線で見てしまうので、「礼儀正しくあってほしいな」と思っているところはありますね(笑)。
やっぱり八重さんとの間にできたとても大事な第一子ですし、「家族を守る」というところは非常に大きく感じています。ただ、家族となると、父である時政さんがいて改めて自分がいるみたいになってくるので、“北条を守る”ということは“自分の各家族を守る”ということになってきている気がして難しいところですね。

“八重との突然の別れ”も乗り越えた試練のひとつだったと思いますが、そこからの比奈という人物との出会いはどのようなものでしたか。

自分の知る史実でいうと、姫の前(比奈)という人にひたすらラブレターを送り続けて、それでも相手にしてもらえずに、頼朝が「離縁は絶対しない」という誓いをたてさせて結婚させるという話ですが、今回はどちらかというと八重さんがそっち側で、比奈はまたちょっと違うアプローチになっているので、これは三谷さんが意図的に史実に対してのチャレンジをしているのかなと思ったりしています。

八重さんには本当に振り向いてもらえなかったけど、結婚してからは結構いい関係を築けた。だからこそ、そこから比奈に出会って過去の自分にすごく似たアプローチをされて、閉ざしてしまった心が雪どけしていく感覚になったときに戸惑いがあったんですよね。八重さんの存在は大きすぎるけど、健気けなげにずっとそばで過ごしてくれている比奈を見ていると、かつて姉上たちが話していた「大好きだった母上をだんだん顔も思い出せなくなっていく」みたいな感じというか、どれだけいい思い出でも、違う現実が積み重なっていくうちに薄れていってしまうのかなぁなんて感じたり、考えたりしています。

義時としては、かつて兄・宗時が掲げた思いを引き継いでいくというスタンスで進んでいくのでしょうか。

それが難しいんですよね。もちろん兄上に言われた「源氏とか平家とかどっちでもいい。坂東の武士たちが誰にも気を使わずに生きられる世の中にしていきたい」ということは理想として持っているけれども、結局義時がどうしてきたかって、ひたすら「頼朝をたてる」ってことなんですよね。で、十分やるべきことはやったと思っているから、大人たちが、どっちが上だとか、誰が足りないとか言っている姿を見て、「別にそういうことを求めてやってきたわけじゃないのに」って。「北条として生きていくうえでは、変なことに首さえ突っ込まなければ安泰の状況が生まれているはずなのに、なんでわざわざまだ争いごとの火種をくすぶらせたいんだろう…」みたいな感じが義時の心境だと思います。だからちょっと理解ができないというか、「なんかまた子どもっぽい争いを始めちゃったな」という気分ですね。

特集

新着の特集をご紹介します