特集

INTERVIEW 2022.06.26

北条時政役・坂東彌十郎さんインタビュー

~鎌倉殿のもとで“どう生きていくか”~

ちまたでは“チャーミングさ”が話題になっている時政ですが、そういう声をどのように感じていらっしゃいますか。

いや~恥ずかしいですね(笑)。今まで歌舞伎で演じてきた役はどちらかというと、怖かったり強かったりする役が多かったので、みなさんのイメージもそっちだったんじゃないかと思うんです。ふだんの僕を知っている人からは「そのまんまですね」と言われるんですけど、自分では一所懸命やっております。
以前「土曜スタジオパーク」の生放送に出演させていただいたときも、最後のあいさつのときに自分だけ全然違うところを向いて手を振っていて、「あ、そっちなのか!」とか、そういう感じなんです(笑)。

撮影が始まって1年ほどたっていますが、映像のお芝居のおもしろさや難しさはどのようなところに感じますか。

役に対する心の持ち方というか、“演じる”ということに対しては一緒だなと思います。ただいまだに勉強だなと思うのは、「芝居がどう見えるのか」に対する意識のしかたが違うことですね。舞台では、「明日はここを変えよう」と次の公演で改善できますが、映像の場合は「ちょっと違ったな」と思ってもOKが出てしまったらそのまま放送されてしまう。その「どこからどう撮られていて、どう見えるか」というのをある程度頭に置いておかないといけないことは、舞台のときと大きく違うところなので、なるべく自分が後悔しないようにがんばっています。

父として、義時の変化はどのように感じていますか。

これから先どんどんダークな部分が出てくると思いますが、父親としては「立派になったな」という部分と「そこまで行っちゃったか…」という部分と両方あります。結構、変化に気がついてびっくりするシーンとかもあるんですよね。時政としては「北条を任せたい」という気持ちもあるので、頼もしい部分とショックな部分があるなと思っています。

源頼朝が来たことで政治の渦に巻き込まれていった北条家のあるじとしては、頼朝のことをどう思っているのでしょうか。

最初は、「しょうがないからかくまうか」というところから、だんだんと「この人を担ぎ上げたらこの一族はいいところに行けるかな」と思うようになったんですよね。でも途中で頼朝に怒られたりすると簡単に嫌になっちゃう。そういう単純なところもあるけど、彼が「鎌倉殿」と呼ばれるようになってから、やはり棟梁とうりょうとしての大きさも出てきますから、それに従っていこうと。そして頼朝が自分の周りを淘汰とうたするようになっていくことで怖さもでてきて、その中で「どうやって生きていくか」ということを考えていくのがおもしろいなと思います。

そういう簡単に嫌になっちゃう部分も支えて、たきつけてくれている妻・りくの存在はどのように変わってきていますか。

基本的にこの時代は女性がイニシアチブをとっているんだと思うんですよ。男性は常に転がされているといいますか、おそらく、天下を取ったり偉くなったりする男性は、ある時期までは相手の女性のほうが強かったんではないでしょうか。だから時政りくの言うことを「危ないな」と思いながらも、りくの影響で次第に自ら動くように変わっていくのだと思います。

例えば第23回で描かれた「曽我兄弟のあだ討ち」なども周りに背中を押されて、という感じでしたね。

「もしかしたら時政が手引きしてあげたのではないか」という説があったりはしますが、それを今回はうまく「実は頼朝を狙っていた。そして時政はそれを知らない」という話になっていましたよね。時政は兄弟たちの真面目な雰囲気に完全にのせられました。彼らが狙っていたのが頼朝だと知ったときは本当に「それは知らなかった!やばい!」と焦っていますし、自分にも疑いの目が向けられるなんて言われても、「勘弁してよ!」って。でも、そういう周りにいる人たちの裏に気がつかない感じが時政らしいなと演じながら思いました。

これから権力争いがさらに激しくなる中で、時政自身も変化していくのでしょうか。

僕自身は大きく変えようとは思っていないです。時代が流れていって、それぞれの地位ができあがる中で生きていくことになるだけで、みんな根本的には違わないと思うんですよ。ただ、仲間だと言っていても、最初に戦っているときから「こいつは信用できないな」と思っている人たちもいるわけですから、その感情がよりあらわになっていくだけであって、時政としては大きく変わらないのではないかと。
セリフにありましたが、「北条あっての鎌倉」と思っている時政と、「鎌倉あっての北条」と思う義時。その差はこれから出てくると思います。まだ先の展開はどうなるかわかりませんが、三谷さんがどう物語を進めていくか、そして演出がどう見せたいのか、それに頭を柔らかくしながらついていこうと思っています。

特集

新着の特集をご紹介します