特集

INTERVIEW 2022.04.10

後白河法皇役・西田敏行さんインタビュー

~役者・西田敏行に当て書きしたようなキャラクター~

「鎌倉殿の13人」で描かれる平安末期から鎌倉時代についてのイメージをお聞かせください。

平安のみやびな時代から、武士の時代になっていく端境はざかい期といいましょうかね。「雅だけでは食っていけんぞ!」みたいな感じから、「ようやっと武士もののふの時代がくる!」みたいな、好戦的な時代になっていくところの変化がおもしろいなと思います。そこにはいろんな立場の人たちがいて、庶民だったら「また戦が始まるのか」という感じにもなっただろうし、武士たちは「戦ができるぞ!」とか、居丈高いたけだかに頑張ろうっていう気持ちにもなっただろうし、“いろんなベクトルが働いている時代”という感じがしますね。

三谷さんが描く後白河法皇はどのような人物だと思われましたか。

今回は後白河法皇について勉強もそんなにせずに、三谷さんの台本に従って演じようと思っているのですが、いろんな意味でチャレンジの多い役だなと感じます。皆さんがご存じの後白河法皇とはちょっとイメージも変わるのではないかと。
頼朝だけに見える後白河法皇がいっぱい出てきて、むちゃ振りしたりするんですよね。しかも生霊として、「俺だよ」って言いながら、ひょいっと現れて。それで頼朝も翻弄されながら、後白河法皇の意に従うべく頑張ってはみるんですけれども、失敗に失敗を重ねていくみたいな。頼朝後白河法皇はちょっとユニークな関係性ですね(笑)。

まぁとはいえ、頼朝をたきつけて「挙兵しろ」みたいなことを夢枕に立って言いながらも、基本的には争いごとはあまり好ましくないと思っている人間かなと。俺としては“平和主義者”と思っていますけどね。基本は優しくて、てれ~んとしているおじさんという感じがします。

演じながら意識されていることはありますか。

実は今回のお話をいただく前に三谷さんから、「次、大河ドラマを書くんだけど、後白河法皇をやってくれませんか? 僕が書く後白河法皇ですから、ぴったりくるんじゃないかな」って懇願されたんです。そのときは、「後白河法皇? えぇ…そんな高貴な役、俺には難しいんじゃないかな」と思っていたのですが、台本を読んだり、演じたりする中で合点がいきました。
役者・西田敏行としてのキャラクターにまるで当て書きしているような感じの後白河法皇になっているので、うれしくもあり、怖くもあり(笑)。「これが大河ドラマで通用するんだろうか?」みたいな、ギャグもあり。これまでの大河ドラマという枠組みから、ちょっとはみ出したというか、新しいキャラクターになっているんじゃないかと思っています。

頼朝を演じている大泉洋さんの印象はいかがでしょうか。

これまでいろんな俳優さんが頼朝を演じてこられていますけれども、大泉くんは最もユニークで興味深い頼朝になっていくんじゃないかなと思います。「今までの頼朝の概念をことごとく壊してやる!」みたいなチャレンジ精神を感じますし、楽しみですね。
大泉くんとは今までもいろんな番組で一緒になったことがあるので、気心も十分知り合っている仲なんです。なので、あうんの呼吸でやっていけている感じがします。しかも、今やもっとも芸能界で忙しい日々を送っているんじゃないかなと思うような乗りに乗っている人ですから。乗っている人は、こちらが多少のアドリブを言っても、結構すぐに受けてくれるんですよ。そういうところがやっぱり余裕だなぁというか、生活が安定したんだなっていう感じがしますね。俺のことを怖がってないですから(笑)。

西田さんはこれまでに数多くの大河ドラマにご出演されて、「新・平家物語」(1972年)では北条義時を演じていらっしゃいました。今回は三谷さんが描かれる北条義時が主人公のドラマですが、お話を聞いたときはどう思われましたか。

義時を主役に持ってくるというところに、へそ曲がり的な、「やりやがったな、こいつ」みたいなところはありましたね。おもしろいなと思います。おそらく小栗旬くんは“奔放さの中に弱さが見える”というか、北条義時という男のいろんな側面をたくさん表現してくれてるんじゃないかと思います。俺のときは、ただただ父についていく義時でしたから。
「新・平家物語」といえば、オーディションで義時役に決まったのですが、全然できないくせに、履歴書に「得意ジャンルは乗馬」って書いちゃったんです。そうしたらスタジオに用意されていた陣立の馬に騎乗することになってしまって(笑)。そのときスタジオで初めて馬に乗ったんですけど、ゆっくりパカパカ走るだけでもくらからお尻がズレちゃいまして、カメラが待ち構えているのに、俺の顔だけ通過しなかったということがありました(笑)。「乗馬できるって聞いたけど、下手じゃない?」ってスタッフさんたちには思われていたでしょうね。それが俺の義時としての最大の思い出です(笑)。

大河ドラマへの出演は14作目になると思いますが、今回は西田さんにとってもチャレンジのようなお気持ちですか。

毎回チャレンジ精神はあるんですけど、今回は特にドラマの作り方そのものがすでにチャレンジなので、その実験の場みたいなところにいられる、役者としての、クリエイターとしての楽しさみたいなものは、今までの大河より大きいですかね。
今様もお稽古させていただいて、「つ~き~も ひ~も~」みたいに、歌ってます! 軽やかな歌声でみなさんにご披露できるかと思います。
歴史家の方や文化人の方がどうご覧になるかわかりませんが、今回の「鎌倉殿の13人」は歴史を扱ってはいるけれども、大変おもしろいエンターテインメントとしてみんなでつくり上げているという感覚です。すごく“意欲”みたいなものが見えるんですよね。もちろん淡々と撮影はしていくけど、今までみたいにスタジオにベテランの人がいて「それは大河としておかしいんじゃないか」とか言うご意見番もあまりいないようだし。とにかくスタッフさんたちが自由な感じでドラマに挑んでいるので、演じながらそれがどういう結果になるのか楽しみでもあり、ある種ドキドキもしています。

特集

新着の特集をご紹介します