特集

INTERVIEW 2022.04.03

源行家役・杉本哲太さんインタビュー

~平安時代のうさんくささを突き詰めたい~

大河ドラマに出演するおもしろさはどのようなところに感じていらっしゃいますか。

今まで出演させていただいた大河ドラマにはいろんな時代背景や設定がありますが、どの作品でもやっぱりオープンセットのすごさには感動します。一瞬にしてその世界にタイムスリップできてしまうというか、「このセットつくっちゃったんだ! これ用意されちゃったら本当にあとは演じるだけだな」と毎回思うんです。美術の壮大さは毎回本当にすごいですよね。

台本をお読みになった感想と、「鎌倉殿の13人」における源行家の印象を教えてください。

ストーリーのおもしろさはもちろん、ところどころにギャグシーンみたいなものがちりばめられていて、「時代劇でこんなセリフあり!?」とか「これ、この人に言わせるの!?」と思いました。活字で読んでいてもおもしろいのに、映像になったらどうなるのか楽しみでしかたがないです。
行家に関しては、まず登場シーンで「いかがわしい。縁者に必ず一人はいる怪しい男」みたいに言われているんですよね。それを読んで強烈に行家像が浮かんできたというか、「わかりました! うさんくさく演じさせていただきます」と思いました。今は日々、うさんくささとは何かを考えていますね。時代的には、キレイな着物を着て烏帽子えぼしをつけているイメージだったのですが、行家は登場から山伏の姿ということで、すごくおいしいなと思いました(笑)。どの時代にもうさんくさい人はいると思うので、平安時代のうさんくささを突き詰めていきたいです。

三谷さんは当て書きをするイメージがあるのですが、演じられていて「こういうふうに思われているのかも」と感じる部分はありますか。

まず、三谷さんの作品には今回が初参加ですが、独特の世界観が好きで、「入ってみたい」と思っていたので、今回お話をいただけたことは本当にうれしいです。当て書きされているのかなとちらっと思っているのは、なぜだかのぞいているシーンが多いことですかね(笑)。考えてみたら、映画デビューした作品でも結構のぞいているんですよね。それで三谷さんからのぞき芸を期待されているのかなと(笑)。台本には「のぞいている」というト書きだけなのですが、“のぞきの芝居をさせたら日本一!”といわれるくらいの気持ちでやっています。

ビジュアル面など役作りのために準備したことや演じるうえで心がけていることはありますか。

外見的な部分ではヒゲひとつでもうさんくささは出せますし、メイクを工夫してみたりとか、試行錯誤しています。難しいのは内面的なうさんくささで、「どうしたらいいんだろう…」と思ったのですが、とにかく行家は口が達者なんだろうなと。そしてうそも上手で、説得力を持たせて相手を丸め込んでしまうような感じですかね。
あとはすごく不思議な人だなという印象があります。山伏姿で御令旨を広め歩いていたのは平家側にバレていたという話もあるみたいですし、行き当りばったりで生きているというか、ものすごく人間臭い人だなって思うんですよ。逆を言うと、おもしろい人だなって。生存本能が強くて、戦で負けてもうまく逃げていくんですよね。そういう行家のなんとも不思議な人生を、おもしろおかしく演じられたらいいなと。

「行家は野心家で敵も多かった人物」ということをキャスト発表の際にコメントでおっしゃっていましたが、実際に演じられて、「だから敵を増やすんだよ」と思われるところはありますか。

例えば、頼朝に「お前なんかに領地はやらんよ」って言われてしまって木曽義仲のところに行きますよね。そしてそこで、「そなたこそは源氏の嫡流! 共に京に攻め上げよう!」と言ってけしかけるのに、義仲の側近である今井兼平に「旅の疲れをどうぞ癒やしてください」って話をそらされてしまう。そこまではまぁいいとして、そのあとですよ。巴御前に「蒸し風呂の用意ができております」と言われて出ていくんですよね。第13回の1シーンですが、その辺をどうやったらいいんだろうなと。だって普通は、「今は蒸し風呂どころではない! どうなんだ義仲!」ってつっこむところじゃないですか(笑)。でも行家はきっと蒸し風呂のほうに興味がいってしまったんだろうと僕は解釈しています。そういう奴なんです、行家は(笑)。

おいである頼朝、そして、助けを求めに行く木曽義仲という人物についてはどのような印象をお持ちですか?

行家も食えない男ですが、頼朝はさらにもっと食えない男だと思います。そんな頼朝を大泉さんはひょうひょうと演じられていて、「なるほど、ぴったりだな」と。同じ食えないもの同士ではありますけど、やっぱり頼朝行家を比べたときに、頼朝という人はカリスマ性が高くて、トップになるべき存在感や力を持っているんですよね。行家にはその辺が足りなかったから歴史にもなかなか名を残せなかったのかもしれないです(笑)。
義仲とは今後、手を組んで京に上って後白河法皇に会いに行きますが、そのときの並びに行家はすごくこだわったらしいんですよね。本来だったら義仲が戦いの功労者であって、その後ろに控えるべき行家が、「並ばせてくれ!」と。要するに「俺も十分功労者なんだから」ということなんでしょうけど、やっぱり行家はセコい人ですよ(笑)。それに対して真逆なのが義仲という人。野生児、田舎者なんて言ってしまっていいのかわかりませんが、山で狩りをしたり魚を捕ったりすることにもたけているような人ですから。そういう行家義仲の対比もおもしろく演じていきたいですね。

特集

新着の特集をご紹介します