特集

INTERVIEW 2022.02.13

三浦義澄役・佐藤B作さんインタビュー

~演じることは禅の修行のようなもの~

「鎌倉殿の13人」での三浦義澄はどのような人物だと受け止めていらっしゃいますか。

そんなに個性も強くない、普通のおじさんだと思っています。三谷くんから、「周りにいっぱい個性的な人がいる中で、あまり個性のない商店街の親父みたいな人」と言われて、俺にピッタリだなと。三谷くんは当て書き作家ですから、「佐藤B作という人間をこういうふうに見ているんだな」ってことがよくわかる感じです(笑)。
義澄は先頭に立って何かをするわけじゃないけど、もめごとが起きたりすると仲裁に回るような役。当時はその都度、「源氏なのか、平家なのか」「この戦いはやったほうがいいのか、やらないほうがいいのか」などといろいろ頭をひねっていただろうし、義澄はそんな“生き延びる知恵”という部分に関してはクレバーな面があるような気がしますね。

三浦家を率いる立場としても、「これからは北条家が中心となって大きくなっていくだろうから、その北条家を支える力になれればいいな」と思っているんだと思います。彼らを出し抜いて自分たちがトップになろうなんて思ってもないんじゃないかなって。俺自身も、誰かの後ろにいて、風よけがある状況で生きていくのが一番いいですし(笑)。

台本をお読みになってどのような演技プランをお持ちになりましたか?

大河ドラマというと、“男の熱い思い”だとか“血湧き、肉躍る”みたいなものが多いですよね。もちろんそういう部分もあるけれども、三谷くんの脚本は、人間のダメな部分とか弱いところを喜劇的にとらえるシーンが大いに入っていて、おもしろいなと思います。読んでおもしろいものって、それを役者がおもしろくするのが当たり前みたいなところがあるじゃないですか。でもそれって、本当に難しいんですよ。三谷くんの脚本がつまらなくなってしまう怖さもあるので、的確な演技というのをいつも考えています。おもしろく書かれているものを、ちゃんとおもしろく伝えないといけないというプレッシャーはありますね。喜んでやりすぎてしまうこともあるんですけど、「自分が楽しいじゃない。見ている人が楽しむように演じなきゃいけないんだ」ということを忘れないようにし、“演じることは禅の修行のようなもの”だと思って演技をしないといけないのかなと思っています。

息子・義村はどのような存在ですか。演じられている山本耕史さんの印象も教えてください。

頭が切れる、よくできた息子ですね。義澄は、いつも息子の顔色をうかがいながらいろんな意見を言うような親父なんですよ。「息子のほうが自分よりできがいい」ってどこかで思っているんじゃないかな。きっと義村の母親は、頭のいい、きれいですてきな人だったんだと思います。じゃないと俺の息子であんな美男子は生まれないですよ(笑)。
演じている山本さんも器用な方なんです。いつもセリフや演技プランを完璧にしてスタジオにいらっしゃるので、油断も隙もないというか、本当にすごい方だなと思っています。

「鎌倉殿の13人」には、源頼朝によって運命を変えられてしまう人々が多く登場しますが、義澄は頼朝をどう見ていたと思いますか?

やっぱり“雲の上の人”なんじゃないですかね。近づいてお話もできないくらい偉い人というか、みやびで高貴な方だと思っていると思います。ただ、どこまで頼朝の女ぐせの悪さを我慢できるかどうかは問題ですよね。頼朝に対してだんだん文句を言うようになっていくし、ついていけないってなっていく。義澄は、当時としては器の小さい人間なんだろうなと感じます。頼朝のようにはなれない。
ただ、今回の頼朝はすごくおもしろいですよね。今まで見たことのない感じなので、「本当なのかな?」とは思うけれども、人間味にあふれていて魅力的だと思います。

頼朝をかくまったことで爺様じさま(伊東祐親)と北条家が戦うことになったとき、義澄は迷わず北条側についたと思いますか?

どうなんでしょうね。でも、平家の横暴というか、祐親坂東のほうで偉そうにしているのをあまりよく思っていなかったと思いますし、時政と仲がいいので、「時政をなんとかしないといけない」と考えて動いたんだと思います。「大変なことをして、時政の命が危ないんじゃないか」という心配があったというかね。

大河ドラマに出演する楽しさはどのようなところに感じていらっしゃいますか?

やっぱり時代劇は、声を大きく出せるという楽しみがありますよね。感情を大きく出せる楽しみや喜びがあります。よろいをつけて走ったりもしますし、ダイナミックにいきたいなと思います。今回に関しては鎧が20キロほどあって、その重さに耐えうる足腰をつくるのは大変なのですが(笑)。毎日ストレッチはしていたんですけど、今は鎧のためにスクワットを追加しました! スクワットをやっていても座った状態から立ち上がるのは本当につらいんですけどね。スタッフの皆さんが優しいので手を差し伸べてくださるのですが、そこで甘えちゃいけないと思って、ほかの人の何倍も時間をかけながら、なんとか起き上がっています。

特集

新着の特集をご紹介します