特集

INTERVIEW 2022.01.23

北条時政役・坂東彌十郎さんインタビュー

~すべては、北条一族のため~

脚本を読まれた感想はいかがですか。

三谷さんらしいなと思いました。歴代の大河ドラマをずっと昔から見させていただいてはいましたが、これまでのイメージとは少し違うかなと思いました。コミカルな感じを織り交ぜながら、うまく歴史を紹介している部分が三谷さんらしいですね。最初に脚本だけ読んだときは、「北条時政は最低なおやじだな」と思いましたけど(笑)。武骨で、自分の一族のことしか考えていない“田舎の侍”って感じですね。
歌舞伎に出てくる北条時政は、すごく怖いおじいさんなんです。今回は一旦それを忘れようと。歌舞伎の諸先輩方がご覧になったら何て言われるだろうって思っているところもありますが、作品を信じて突き進もうと思っています。

4人の子どもたち(宗時、政子、義時、実衣)の印象はいかがですか。

時政は決して頼りにされている親ではないですね。今まで一族を引っ張ってきたという部分では認められているでしょうけど。みんなに「しょうがないおやじだな」って思われている父親なんだと思いますし、その分、子どもたちがしっかりしている。それを陰で喜んでいるんじゃないかなと。政子実衣は、本当にいい娘ですよ。しょうもない父親なのに、すごく世話を焼いてくれるんです。
私は本当に映像作品の経験が少ないので、宗時役の片岡愛之助さんが一緒に出てくれるのはありがたくて「お願いします、先輩!」と伝えました。映像作品では大先輩ですから。いろいろ頼りにしていて、教えを請うています。
義時役の小栗旬さんは、ふだんから「父上」と呼んでくださって。僕がこういう仕事が初めてということもわかってくださっていて「父上、大丈夫ですよ」って優しく言ってくださるんです。本当に助かっていて、いい家族ができたなと思っています。

時政はりく(牧の方)にベタぼれですが、どのようなところに魅力を感じたのでしょうか。

高貴な雰囲気と見目麗しさ、そこに一目ぼれだったんでしょうね。しかも彼女もまんざらではない感じが見えたので、もうメロメロって感じですね(笑)。
宮沢りえさんとお仕事をするのは初めてで、演技では引っ張ってくださるんです。でも、引っ張っていないように見せながら。とても助かっています。

源頼朝は娘の政子と結婚することになります。時政は頼朝に対して、本音ではどのように思っていたとお考えですか。

「自分の家のためにはいいだろう」と、そんな感じだと思います。やはり北条一族のためというのを考えていますから、それにはいいだろうと。最初は「当人どうしが好きならば…」と、あまり深く考えていなかったのかもしれません。
頼朝役の大泉洋さんですが、僕、大ファンなんですよ。昔、彼の出ていた番組を見て、どれだけ寝不足だったか。だから撮影がとても楽しい(笑)。見ていたままの方ですから、ふだんもとても楽しく過ごさせてくれますね。北条一族が休憩しながら話していると、大泉さんが「あれ、チーム頼朝じゃないの?」っておっしゃるんですよ。それでみんなで周りを見て「いや、チーム北条だから」って(笑)。とても和気あいあいとした雰囲気をつくってくださいますね。

伊豆の国市の願成就院にある北条時政のお墓を訪問されたそうですが、何か感じたことはありますか。

立派なお墓でした。古いお寺でしたし、その中にある仏像は運慶がつくったものですから、すごいですよね。感動いたしました。“鎌倉幕府”なので鎌倉のイメージが強かったんですが、伊豆の国市にあんなにいっぱい史跡があるというのは初めて知りました。物語に出てくる地形について、よくわかりました。
ほかにも富士山がきれいに見える場所があって、北条氏の館があった所も訪れました。「子どものころ、三浦義澄と遊んでいたんだな」っていうイメージとか、「天気のいい日は毎日富士山を眺めて育ったんだな」「若いころと晩年では違う富士山の見え方をしていたんだろうな」という思いがいたしました。僕自身とても富士山が好きで、一人で河口湖とか山中湖を見に行くんですよ。だから、なんとなく共通の思いを持てたかなと思いました。

静岡県内で行われたロケではよろいを身につけて乗馬などもされていましたが、現場の雰囲気はいかがでしたか。

撮影の準備をしているときは「こんなふうに準備してるんだ」と、一観客のような目になっちゃいましたね。楽しく過ごさせていただきました。
馬に乗る役が初めてだったので、馬のレッスンもさせていただいて。自分がこんなに馬に乗ることが好きだと思わなかったです。以前、どこかの公園で乗馬体験みたいなことはしたことがあったので、高さはわかっていたんですが、自分で操るということはなかったので、それを教わったことがとても楽しかったです。将来的に自在に乗れるようになりたいなと思っていますね。

特集

新着の特集をご紹介します