特集

INTERVIEW 2022.01.09

音楽 エバン・コールさんインタビュー

~原始的な人間の本能を感じるような曲を~

今回、音楽担当としてオファーを受けたときのお気持ちはいかがでしたか。

こんな機会がいただけるとは思っていなかったのでドキドキしていました。昔から関わりたかったテーマでした。まずはメインテーマを作ってほしいということで、脚本を読ませていただいたり、どのような物語になるのかを聞いて一生懸命作りました。やり取りしていく中で曲が育っていき、どんどん具体的で芯のある曲になっていったと思います。いい曲が書けたと思います。

大河ドラマをご覧になったことはありますか。

大河ドラマの存在を知ったのは、初めて日本に来た2009年ごろだったと思います。当時はまだ彼女だった奥さんの実家に泊まらせていただいて、「天地人」を見たのが最初です。お義父さんがものすごく時代劇が好きで、一緒に見たんです。まだ日本語が少しだけしかわからなかったんですけど、それでもすごくおもしろいなと思いました。

脚本をお読みになってどのように感じましたか。また、音楽を制作するうえでどんなインスピレーションを受けましたか。

歴史が題材のドラマは好きなので、楽しく読ませていただきました。真面目なところは真面目に描かれていて、それでいてコミカルな要素も入っているところが三谷さんの魅力なのだと思いました。視聴者の皆さんもきっとそのような印象を持つと思います。

楽曲制作にあたっては、「ワイルドで荒々しい時代の物語なので、きれいな曲というよりは迫力のある曲が欲しい」「クラシカル音楽というより、ちょっとシネマティックなタッチで」というリクエストがありました。もちろん劇中ではきれいな曲もありますが、“プリミティブ”というキーワードが何回か出ていたので、原始的な人間の本能を感じるように低い男性のコーラスを使ったり、日本人に聞きなじみのない、別の国の昔からある楽器を取り込んだりしました。なので古いエッセンスは残したうえで、すこしドラマチックなアプローチをしながら作りました。

別の国の楽器というのは、具体的にどのようなものを使ったのでしょうか。

日本の時代劇ではあまり使われていないと思うんですけど、バンジョーを使わせていただきました。主に懐かしさを感じる曲や故郷を思い出すとき、少しコミカルなシーンで流れる曲はマンドリンと一緒に。バンジョーは楽しい音楽のイメージがあると思うんですけど、きれいなメロディーも弾ける楽器なので、すごく珍しいと思いますが、わりと使わせてもらいました。ブズーキという楽器はマンドリンと近いですが、キラキラさせたくないところで低音を出すために使いました。そして一番のメインはソロチェロですね。メジャーな楽器ですが、チェロはすごくきれいに高音も低音も出せる楽器だと思っているので、これで武士の気持ちを伝えたいと思いました。

メインテーマでは和太鼓も印象的ですが、和楽器を使おうというのはどのように決めたのでしょうか。

和楽器は今までも大河ドラマで使われてきているので今回あまり使わない方向性だったのですが、和太鼓はぜひ使わせていただきたいとお話ししました。それから尺八も少し取り入れました。太鼓は鼓動やパワーが魅力で海外のパーカッションとも違うサウンドで、使わないともったいないという気持ちがありました。

リズムパターンはストレートすぎるとあまり乗れなくなるので、昔の伝統的な音楽ではあまり使われていないモダン的なものやシネマチカルなもので使われるリズムで、コード感や時代の変化を感じられるように考えて作りました。

メインテーマの構成について、詳しく教えてください。

今回は今までの大河ドラマよりも尺が短くなっているんですけれど、最初の打ち合わせから「ラストに軽く語りが入るイメージで作ってください」と言われていたので、秒数を計ってこのような構成になりました。
最初はいったん盛り上げたほうがいいと思って、激しい金管の勢いのあるセクションを挟みました。そこからメインのメロディーに入る構成にしました。中盤は男性コーラスがメロディーを歌っているのですが、後半に抑える部分を入れているので盛り上がったほうがいいと思いました。そして少し落としたパートになり、曲の最後は語りの邪魔にならない終わり方になるような構成にしました。

これまでさまざまな作品の楽曲を手掛けてこられたと思いますが、大河ドラマだからこその難しさや新しい発見などはありましたか。

アニメやゲームの楽曲よりも曲が長いので、時間をかけて音楽演出できるんです。一つずつのシーンも長いので4分以上の曲もありますし、曲の中に展開を作って自由に編集をして当てはめていただけるように作りました。
日本の歴史を題材にしたドラマである大河ドラマを大切にしている人は多いと思います。もちろん脚本や演出がおもしろいとドラマ自体がおもしろくなりますが、そこに音楽の力が加わることでよりエンターテインメントにすることができると思うんです。音楽は人の感情を表現する大切な方法の一つだと思います。ドラマで伝えたい思いを音楽でも伝えていけたらいいなと思います。

特集

新着の特集をご紹介します