特集

HISTORY 2022.11.06

『吾妻鏡』 ~第42回より~

脚本の三谷幸喜さんが「これが原作のつもりで書いている」と話されている『吾妻鏡』。この史書には、治承4年(1180)の「以仁王の乱」をはじまりとする鎌倉幕府の歴史が記されています。第42回で描かれた主なエピソードをご紹介します。

承元4年(1210)11月22日条

御持仏堂で聖徳太子の御影(南無仏像:2歳のときの聖徳太子がを着けて合掌する姿の像)が供養されました。これは源実朝の日頃からの祈願によるものとのことです。

建保2年(1214)6月3日条

諸国では日照りをうれえていました。このため、源実朝は栄西に依頼して雨乞いのために自ら八つの戒律を守り、法華経を転読しました。

建保2年(1214)6月13日条

将軍家領の年貢について、源実朝が「この秋から三分の二を免除する。おおむね毎年一箇所を順番に免除するように」と命じたようです。

建保3年(1215)1月8日条

伊豆国から鎌倉に飛脚が到着。今月6日のいぬこく(午後7時~9時)に北条時政が亡くなりました。

建保4年(1216)6月8日条

陳和卿が鎌倉に到着しました。陳和卿は東大寺の大仏を造立した宋の技術者で、東大寺の供養の際には対面を望む源頼朝の誘いを断りましたが、実朝に拝謁するため鎌倉を訪れました。

建保4年(1216)6月15日条

源実朝陳和卿を御所に召して対面しました。陳和卿は三度拝礼するとたいそう涙を流し、困惑する実朝に「前世において、あなたは宋朝の医王山の長老で、私はその門弟でした」と語りました。

建保4年(1216)6月15日条

陳和卿の話を聞いた源実朝は、去る建暦元年(1211)6月3日のうしこく(午前1時~3時)に眠っていた際に、一人の高僧が夢の中に現れて同じ内容を告げたと答えました。

建保4年(1216)11月24日条

源実朝が、前世に住んでいた医王山に参拝するために中国へ渡航することを思い付き、陳和卿に唐船を造るように命じました。北条義時大江広元がしきりに実朝いさめたものの受け入れられず、造船が決定したようです。

建保5年(1217)4月17日条

陳和卿が唐船を造り終えました。そこでこの日、数百人の人夫を御所家人から差し出させ、唐船を由比浦に浮かべることになりました。

建保5年(1217)4月17日条

陳和卿の指示に従い、うまこく(午前11時~午後1時)からさるこく(午後3時~5時)の終わりまで力の限り船を引きましたが、海に船を浮かべることができませんでした。

建保5年(1217)4月17日条

唐船を海に浮かべる作業を見守っていた源実朝ですが、頓挫したため御所に帰りました。船はそののち、むなしく砂浜で朽ちたようです。

建保5年(1217)6月20日条

源頼家の息子である公暁が、園城寺から鎌倉に到着しました。

特集

新着の特集をご紹介します