特集

HISTORY 2022.05.08

『吾妻鏡』 ~第18回より~

脚本の三谷幸喜さんが「これが原作のつもりで書いている」と話されている『吾妻鏡』。この史書には、治承4年(1180)の「以仁王の乱」をはじまりとする鎌倉幕府の歴史が記されています。第18回で描かれた主なエピソードをご紹介します。

元暦2年(1185)1月6日条

この日、源範頼が昨年11月14日に出発させていた飛脚が、ようやく鎌倉に到着。「兵糧が欠乏しているため武士たちの心が一つにまとまらず、本国を恋しく思い、多くの者が逃げ帰りたいと思っている」と、厳しい状況を伝えました。

元暦2年(1185)1月12日条

平家を攻めるため、周防国から赤間関(現在の山口県下関市)に到着した源範頼軍。しかし、兵糧が絶え、船もないため逗留とうりゅうは数日に及び、和田義盛ほどの男でさえもひそかに鎌倉へ帰参しようとしていたようです。

元暦2年(1185)1月12日条

豊後国の臼杵惟隆とその弟・緒方惟栄が源氏に対する思いを持っているという情報が入ったため、彼らを味方に付けて九州に渡り、平家に攻勢をかけるという評定がなされました。

元暦2年(1185)2月1日条

源範頼軍が豊後国に渡り、義時らが最初に上陸しました。そして、葦屋浦(現在の福岡県遠賀郡芦屋町の西浜町・白浜町・幸町一帯の港湾)にて、原田種直らと交戦しました。

元暦2年(1185)2月18日条

昨日、源義経が渡辺(現在の大阪市北区・福島区・中央区の一部)から渡海しようとしたところ、暴風のため多くの船が破損。しかし義経うしこく(午前1時~3時)に五そうの船で出て、こく(午前5時~7時)には阿波国椿浦(現在の徳島県阿南市)に着きました。

元暦2年(1185)2月22日条

源義経に背後から攻められた平宗盛らは海上に逃れ、屋島から撤退。この日、梶原景時をはじめとする坂東武者たちが、百四十余艘の船で屋島の磯に到着したようです。

元暦2年(1185)3月8日条

源義経の飛脚が鎌倉に到着し、屋島の戦いでの勝利が報告されました。使者は合戦の結果を待たずに鎌倉へ向かおうとしましたが、播磨国で後ろを振り返った際に屋島の方角で黒煙が上がっているのを確認したため、勝利を確信したようです。

元暦2年(1185)3月24日条

長門国赤間関の壇ノ浦の海上において、源平両軍が激突。うまこく(午前11時~午後1時)になって平家方の敗戦が濃厚となると、二位尼が宝剣とともに入水じゅすいしました。

元暦2年(1185)4月11日条

源頼朝が父・源義朝の菩提を弔うために建立した勝長寿院(南御堂とも)の立柱の儀が行われましたが、この間に西国から飛脚が到着し、平家を討ち滅ぼしたことが報告されました。

元暦2年(1185)4月21日条

梶原景時の飛脚が鎮西から鎌倉へ到着。書状には、平家との合戦の経過とともに、「鎌倉殿の御意向に背いているとたびたびいさめたが、義経は勝手な振る舞いを改めなかった」と、義経の不義に対する訴えが記されていました。

元暦2年(1185)5月5日条

源頼朝は弟・範頼に飛脚を飛ばし、壇ノ浦に沈んだ宝剣を探し出すこと、冬まで九州にとどまり現地の安寧に尽くすことなどを命じました。

元暦2年(1185)5月15日条

源義経の使者が鎌倉に到着。「平宗盛清宗父子を連れて参上しました。去る7日に出京し、今夜は酒匂駅(現在の神奈川県小田原市酒匂付近)に着くところ。明日、鎌倉に入る予定です」と連絡がありました。

元暦2年(1185)5月15日条

義経の連絡を受けた源頼朝は、北条時政を使いとして酒匂駅に派遣。時政平宗盛清宗父子の身柄を受け取らせ、義経にはしばらく酒匂に逗留し、指示があるまで待つように伝えました。

元暦2年(1185)5月24日条

源頼朝から鎌倉に入ることを許されず、腰越駅(現在の神奈川県鎌倉市腰越付近)でいたずらに日を送っていた義経は、大江広元を通じて頼朝に1通の詫び状を送りました。

元暦2年(1185)6月7日条

源頼朝が鎌倉に連れて来られた平宗盛を、御簾みすの中から眺めました。頼朝比企能員を通して、「勅命を承り、追討使を派遣した結果、この田舎にお招きすることになりました。武芸に関わる者の名誉としたい」と伝えたようです。

元暦2年(1185)6月9日条

酒匂付近に逗留していた源義経ですが、鎌倉に入ることはかなわず、この日、平宗盛らを連れて帰洛きらくしました。

特集

新着の特集をご紹介します