特集

HISTORY 2022.02.27

『吾妻鏡』 ~第8回より~

脚本の三谷幸喜さんが「これが原作のつもりで書いている」と話されている『吾妻鏡』。この史書には、治承4年(1180)の「以仁王の乱」をはじまりとする鎌倉幕府の歴史が記されています。第8回で描かれた主なエピソードをご紹介します。

治承4年(1180)9月15日条

源頼朝の使者として、北条時政甲斐国へ到着。頼朝から命じられた趣旨を武田信義に伝えました。

治承4年(1180)10月4日条

畠山重忠源頼朝のもとへ参上しました。

治承4年(1180)10月6日条

源頼朝が率いる一党が相模国へ到着。畠山重忠が先陣を務めました。

治承4年(1180)10月7日条

父・義朝の旧跡である亀谷には、義朝の没後を弔うため、岡崎義実が寺院を建立していました。このため頼朝は、この地に新たな館を建てることはやめました。

治承4年(1180)10月11日条

源頼朝の妻・政子が鎌倉に入りました。

特集

新着の特集をご紹介します