特集

COLUMN 2022.06.12

教えて! 風俗考証・佐多芳彦さん

~再現! 巻狩り&矢口祝い 後編③ 矢口祝い~

文献資料『阿蘇下野狩あそしもののかり史料』を参考とし、映像化された巻狩り矢口祝いについて、風俗考証・佐多芳彦先生に伺いました。

儀式のためにお供えされているのは、どのようなものでしょうか?

この写真は実にいいですね。『阿蘇下野狩史料』に記されている祭壇がよく再現されています。一番奥にあるのは「さかき」です。史料に「榊」と書かれていたので、実際に「榊」を使用しました。史料には「芝を敷く」とあるので、本来は小枝のようなものを敷き詰めたところに「榊」が立てられていたのだろうと思いますが、スタジオでの撮影にあわせてその点は少しアレンジしています。そして「榊」には、「ゆう」というふわっとした綿のようなものがかけられています。

白っぽいやつですか?

そうです。「木綿」と書いて「ゆう」と読むんですけれど、カイコがつくったまゆを紡いで生糸にしていない状態のものを「榊」にかけています。おそらく「榊」に山の神様が降りてきているという想定なので、そのまま露出させるのは失礼にあたるじゃないですか。なので、「榊」に巻かれた「ゆう」が、服、または、御簾みすのような役割を果たしているのだと思います。

なるほど。山の神様に感謝し、配慮しているのですね。

はい。「榊」の前にはお酒が置いてあります。下に敷いてあるのは「こも」ですね。史料に「すがこもを敷く」と書かれていたので、実際に「こも」を敷きました。

そして右側には、三方さんぼう(三宝)や折敷おしきのようなものにお餅を添え、左側には狩った獲物の肉を置きます。万寿(のちの源頼家)が射止めた獲物はシカですから、今回はシカの肉を実際に用意しました。手前にあるお餅の山は、勢子せこたちへのご褒美です。一応、山の神様に捧げてはあるんですけれども、お祈りの際にお供えしていたお餅を勢子たちにわけてあげるんですね。これはそのためのお餅です。

お餅の形が違うのは理由があるのでしょうか?

四角いお餅は神前にお供えするためのもので、神様と共食しているんですね。なので、おそらく差別化しているのだと思います。この四角いお餅は、「白」「赤」「黒」の3色が供えられていて、下にはカシワの葉っぱが敷いてあります。これも史料どおりですね。

それぞれ3枚ずつあるんですね。

はい。史料にも3枚ずつ描かれていて、実際に3枚ずつ用意しました。ただ、本来はこれが3セットあります。『吾妻鏡』にも万寿の初狩猟で活躍した3名の御家人が称えられこの儀式を行ったと記されているのですが、3人の射手を選んでそれぞれこの儀を行うのが正式です。ただ、ドラマ内でそこまで再現はできませんから、今回は代表して万寿が儀式を行っています。

万寿がお餅を手に取りかじっていましたが、一番上のお餅だけかじるのでしょうか?

一応、3枚ともかじります。

お餅の重ね方に規則はあるのでしょうか?

お餅の並びは、人というか家ごとに違ったようです。『吾妻鏡』にも人によって違ったと書かれていて、それを見た頼朝が「家によってこの儀礼は違うんだな」と考えたようなんですよね。頼朝はこの儀式の違いを見て、統一ルールを作らなければ強いチームワークの軍勢はできないと考え始めたのではないでしょうか。流鏑馬やぶさめ下河辺行平しもこうべゆきひらという御家人に命じて、統一ルールを作っているんですよね。頼朝が優秀な政治家であることを感じさせるエピソードのひとつだと思います。

ちなみに、この「矢口祝い」はいつごろから始まったものでしょうか?

残念ながらわかりません。ただ、『阿蘇下野狩史料』は現在の熊本県阿蘇市に伝わっていた史料であり、阿蘇市自体が古く歴史のある土地なので、平安時代にはすでに行われていた狩猟儀礼だと思います。

特集

新着の特集をご紹介します