紀行

第45回

「神奈川県鎌倉市・秦野市」

神奈川県鎌倉市。建保7年(1219)1月27日。雪に覆われた鶴岡八幡宮で、実朝は命を落としました。

鶴岡八幡宮

公暁が身を隠したと伝わる大木は「隠れ銀杏いちょう」とも呼ばれていました。平成22年に強風により倒れてしまいましたが、残った根から若木が自生し、今も枝を伸ばしています。

実朝は境内にある白旗神社に、頼朝と共に祭られました。

白旗神社

神奈川県秦野市。行方不明になった実朝の首が、この地に葬られたと伝わっています。

源実朝公御首塚みしるしづか

首塚くびづかにほど近い、金剛寺。この寺に伝わる阿弥陀あみだ三尊立像は、実朝を供養するために造立されたものであると考えられています。

金剛寺

志半ばではかなく散った実朝。その突然の死は、鎌倉と京の間に激震をもたらしたのです。

「鶴岡八幡宮」

神奈川県鎌倉市

JR「鎌倉」下車、徒歩10分

「源実朝公御首塚みしるしづか

神奈川県秦野市

小田急「秦野」からバス「中庭」下車、徒歩3分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します