紀行

第40回

「神奈川県三浦市・横須賀市」

神奈川県三浦市。漁港を見渡す丘の上に、建久元年、義盛が創建した光念寺こうねんじがあります。

光念寺

義盛の逸話が残る弁天堂。本尊の名は、筌龍せんりゅう弁財天。この「筌」とは、石橋山の合戦に敗れ、安房へと逃げる船上での飢えを救った漁具のこと。それが龍と化して夢枕に現れたので、義盛自ら祭ったと伝えられています。

源平盛衰記げんぺいじょうすいき」には、巴御前の記述があります。が鎌倉に入ると、義盛は、すぐに妻にしたと記されています。

その2人ゆかりの寺が横須賀市にあります。義盛が、妻・のために建立したとされる正行院しょうぎょういん

正行院

もともとはすぐ近くの秋谷あきや立石たていし海岸にあったと伝えられています。相模湾随一の夕日の名所として知られ、今なお多くの人を魅了しています。

秋谷・立石海岸

「光念寺」

神奈川県三浦市

京急電鉄「三崎口」からバス「三崎東岡」下車、徒歩5分

「正行院」

神奈川県横須賀市

京急電鉄「横須賀中央」からバス「大楠芦名口」下車、徒歩20分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します