紀行

第32回

「神奈川県鎌倉市」

鎌倉幕府の中心として栄えた神奈川県鎌倉の町。ここで生きた人々の姿が『吾妻鏡』の中に描かれています。

北条義時の二人目の妻、姫の前については、
「権威無双の女房で、容姿がとても美しいといわれた」
「離別はしないという起請文をもらい受け、結婚の儀に及んだという」
などと記されています。

そんな姫の前は、義時との間に二人の子どもを授かりました。そのうちの一人、重時ゆかりの寺が残っています。

極楽寺

極楽寺です。重時が晩年に出家したのち、行き場を失った人々が集っていたといわれるこの場所に寺院を移したことが極楽寺の始まりと伝わります。

極楽寺(山門)

境内に病気や身寄りのない庶民を救済する施設が建てられたという極楽寺。姫の前が残した息子たちは、重要な御家人として、鎌倉幕府を支えていったのです。

「極楽寺」

神奈川県鎌倉市

江ノ島電鉄「極楽寺」下車、徒歩2分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します