紀行

第26回

「神奈川県鎌倉市」

甲斐善光寺に伝わる頼朝の木像。政子の命で制作されたというこの像は頼朝の実像に最も近いものであるといわれています。

頼朝が拠点を置き、源氏復興の夢をかなえた神奈川県鎌倉市。

頼朝が町作りの中心とした鶴岡八幡宮では、放生会ほうじょうえ流鏑馬やぶさめなど、幕府の重要な神事が行われました。その伝統は、時代と共に形を変えながら、今も引き継がれています。

鶴岡八幡宮

大倉御所の裏手にある白旗神社。そばの高台には、かつて頼朝持仏堂じぶつどうがあったとされ、頼朝の墓が今も残ります。

白旗神社

源頼朝の墓

今からおよそ800年前。武家政権の樹立という偉業を成し遂げた頼朝は静かに義時たちの行く末を見守りました。

「源頼朝の墓」

神奈川県鎌倉市

JR「鎌倉」下車 徒歩20分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します