紀行

第24回

「静岡県伊豆市」

静岡県伊豆市の修善寺。美しい自然と豊かな温泉が湧きいでるこの地に源範頼は幽閉されました。
地名の由来にもなっている修禅寺は、大同2年、弘法大師によって創建された寺です。

修禅寺

修禅寺の鬼門を守る日枝神社ひえじんじゃ。その参道付近に、範頼が幽閉されたという信功院しんこういんがあったとされています。

信功院跡

範頼梶原景時の不意討ちにあい、防戦の末、自害したともいわれています。

修禅寺から西に400メートル。明治の初め、範頼の墓と伝わるほこらから骨壺こつつぼが掘り出され、その後、地元の人々によって今の墓が建てられました。

源範頼の墓

義経と共に平家討伐に活躍した範頼。その魂は、伊豆の山あいで静かに眠っています。

「源範頼の墓」

静岡県伊豆市

伊豆箱根鉄道「修善寺」からバス「修善寺温泉」下車 徒歩12分

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します