紀行

第11回

「京都府京都市」

京都府京都市。三十三間堂は、後白河法皇の離宮内に平清盛の援助によって造営された仏堂です。

堂内には1,000体の千手観音立像が納められており、そのうちの124体は創建当時に造られたものです。その圧巻の光景は平家の栄華を今に伝えています。

平家が六波羅に営んだ邸宅をしのばせる石碑

六波羅ろくはらに拠点を置いた平家一門。六波羅蜜寺を中心に一族郎党の館が立ち並んでいたといいます。

六波羅蜜寺

一門の更なる繁栄を目指した清盛。しかし、清盛は突然の病に倒れました。

平家とゆかりのある六道珍皇寺。清盛は六道珍皇寺の付近で火葬されたと伝わります。

六道珍皇寺

清盛という大きな存在を失った平家一門は、次第に頼朝に追い詰められていくことになります。

「三十三間堂」

京都府京都市

JR「京都」からバス「博物館三十三間堂前」下車すぐ

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します