紀行

第9回

「静岡県富士市・清水町」

静岡県富士市。富士川の合戦は、この川の河口付近が舞台となりました。当時は川幅が広く、多くの中州がありましたが、新田開発が進み、今の姿となっています。

市内には島の字を持つ地名が点在し、かつての川の大きさを想像することができます。
川の西岸に陣を構えた平家軍は、水鳥の飛び立つ音を奇襲と勘違いし、撤退したと伝わります。
頼朝が打倒平家を祈願したという横割八幡宮。頼朝が奉納したと伝わる矢じりが今も残っています。

横割八幡宮

静岡県清水町。戦いの翌日、頼朝は黄瀬川本陣に戻り、奥州から駆けつけた義経と対面します。二人は互いに昔を語り合い、涙したと伝わります。

八幡神社

頼朝と共に平家打倒を目指す義経。この黄瀬川の地から、歴史の表舞台に登場します。

対面石

「横割八幡宮」

静岡県富士市

JR「新富士」下車 徒歩15分

「八幡神社」

静岡県清水町

JR「三島」からバス「医療センター入口」下車すぐ

紀行

バックナンバーをご紹介します

特集

新着の特集をご紹介します